人の金で美術館に行きたい+読

美術館に行った話とか猫の話とかします。美術館に呼んでほしい。あと濫読の記録。




にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
Push
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
Push

Push

Push

絵画

小粒の佳作 吉野石膏コレクション 11/23

印象派からその先へー世界に誇る吉野石膏コレクション mimt.jp 率直に言って、地味な展示。数も多くないし、作品もこじんまりしたものが多い。あまり冒険しないというか。 無難な代表作…というわけでもないんだよなぁ。特徴的な画風がよく現れた時期、のちょ…

ちょっと怖かった 近代常設展 11/2

国立近代美術館の所蔵品展。別料金で鏑木清方展も見れたけど写真不可だしパンフ品切れだし、何より「表現きれいで細かいねぇ」以上心に響かないので割愛。www.momat.go.jp --- 松井 康生「練上嘯裂文茜手大壺」 練上:色の異なる土を組み合わせて模様を表す…

コレクションの謎 内藤コレクション&西洋常設展 10/27

国立西洋美術館の常設展と、コレクション展。 www.nmwa.go.jp 内藤コレクションって何ぞや?というと、西洋写本の本から剥がれ落ちたページを集めたもの、らしい。 「別に写本には興味がないけど価値があるから集めてる」みたいなことが書いてあってサイコパ…

美術コレクション一族 リヒテンシュタイン展 11/4

短期間にわしゃわしゃといくつか展示を見たのだけれど、ちょっと順番前後して文化村の話をするよ。 www.bunkamura.co.jp 今回の企画展はリヒテンシュタイン侯国の建国300年を記念したものだそうです。 ja.wikipedia.org リヒテンシュタイン侯国はスイスとオ…

大量展示の是非 ハプスブルグ展 10/27

西洋美術好きなら押さえておきたい、ハプスブルグ展には当然行く。だって、絶対すごいじゃん。ゴージャスに決まってんじゃん。見るしかないじゃーん。 habsburg2019.jp www.nmwa.go.jp ハプスブルグ家は知らない人はいないであろう、欧州の貴族です。軍事と…

行為とその道具 Surface and Custom 10/20

銀座資生堂パーラーは今改装工事のため休館中なのだけれど、地価の資生堂ギャラリーは営業中だよ。現存する日本最古のギャラリーなんだってさ。 www.shiseidogroup.jp --- ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ「Moulting」 1923年から1959年までの資生堂…

あっさりなのでおまけをつけました マルク・シャガール―夢を綴る 10/20

銀座でタダでシャガールが見れると聞いて。 www.po-holdings.co.jp ポーラミュージアムアネックスは、銀座の端っこ、1丁目にある小さなギャラリーです。いつもは現代アートの作品を展示しているのだけれど、10周年記念とのことで箱根の美術館から持ってきた…

数で勝負はつかれます お帰り「美しき明治」 10/17

調布市美術館に行ってきた。 www.city.fuchu.tokyo.jp 今回の展示のコンセプトは、「美術史であまり顧みられていない明治期の日本人洋画に着目」というところです。日本に洋画が入ってきたころから、外国人教師の作品やその弟子たちの作品、1878~96年の洋画…

ゴッホ爆誕 ゴッホ展 10/11

たまたま午後から体が空いたので、ゴッホ展の初日に行ってみた。だってゴッホだし、上野の森だし、会期後半になったら絶対混むだろうなぁって。 go-go-gogh.jp ゴッホについては、知らない人はいないでしょう。世界の有名画家TOP5には入りそう。今回の展示は…

豪華名作シリーズ コートールド展 9/22

割と開始直後にコートールド美術館展に行ったのだけど、仕事が繁忙期で書く暇が取れずにこんなにたってしまった。 www.tobikan.jp フランス系イギリス人、サミュエル・コートールドのコレクションからなる美術館が現在改装中ということで、日本に来ています…

鵠沼の女の子 岸田劉生展 9/1

毎年「今年注目の美術展一覧!」みたいな雑誌を買うことにしているのだけれど、そういう雑誌って大体美術展チケットの応募ハガキが巻末についてたりします。というわけで、 当たったぜ懸賞!行くぜ美術展!www.ejrcf.or.jp というわけで岸田劉生展です。ペア…

ポストカードくださいったらください。 太田喜二郎と藤井厚二ー日本の光を追い求めた画家と建築家 8/17

目黒区美術館に行ってきた。ここは坂をひたすら下って行った先にあるので、行きはよいよい帰りは恐いである。東京の坂はマジきつい。 mmat.jp Wikipediaには太田喜二郎のページがなかった。藤井厚二のページはあったけど写真がないので今回は割愛する。 太田…

自己主張強め projectN76 末松由華利 8/10

オペラシティの常設展はいつも二つある。 www.operacity.jp --- 「悲しいほど似ていて、恐ろしく異なる」 切り絵のような作品。折り紙をたたんでハサミで切って、レース模様を作って遊んでいた幼稚園時代を思い出す。右の赤いやつ、リンゴみたいなのが好き。…

見にくさがひどい 池田良二の仕事 8/10

ジュリアン・オピーのついでに所蔵品展。これは撮影不可だった。 www.operacity.jp 正直すごく見づらかった…背景とあまり差のない淡い色のインクで細かい文字や写真が刷られているリトグラフなのだけれど、あまりにも繊細なその絵が、額のガラスに反射した光…

薄味は結構好き ジュリアン・オピー 8/10

1週間ガッツリ夏休みをしていたし、それが終わったら仕事が死にそうだ。 初台にジュリアン・オピーを見に行きました。結構前だけど。 www.operacity.jp このポスターをみて行ったわけですよ。 「あぁミニマルデザインね。いいよねスッキリ都会的で結構好き…

うすら寒い感じ 真夜中の来訪者 8/3

冨安由真の個展がデパートでやってるよって知ったのは終了数日前だったけど、何とかねじ込みで見に行くことができました。 www.jiji.com 期間が短いし、宣伝も足りないよ!もっと早く教えてくれ!! --- 「The Midnight Visitors」 インスタレーション作品。…

サイケデリック・ニワトリさん 田名網敬一の観光 7/27

汐留帰りに周りで面白いものやってないかなぁと検索したらGGGがすごかった。 www.dnp.co.jp アヴァンギャルドな現代アート、そしてアウトサイダーっぽい作品ですが、作者は戦前生まれで武蔵野美術大学に通った人です。作品イメージとだいぶ違う。 田名網敬一…

キレッキレです。 メスキータ展 6/30

久しぶりのステーションギャラリーに、メスキータを見に行った。www.ejrcf.or.jp 日曜美術館だったかな?テレビで特集されていて、これは面白いぞと気になっていたのです。サミュエル・イェスルン・デ・メスキータと言う人のことを私は知らなかったです。ま…

ひと癖あります。 印象派への旅 海運王の夢 -バレル・コレクション- 6/16

文化村のバレル・コレクション展に行ってきた。もうすぐ終わりだけど結構空いていて見やすくてよかったよ。 burrell.jp 文化村 バレル・コレクション バレル・コレクションは産業革命期のイギリスはスコットランドの海運業者、ウィリアム・バレルの残した一…

めっちゃお得 藝大コレクション展 6/2

藝大コレクション展に行ってきた。東京藝術大学は当然のことながら明治時代から美術教育のトップをひた走っているので所蔵品がすごい。美術の教科書に出てくる絵は大体ここか西美にあると言っても過言ではない。 www.geidai.ac.jp そのコレクション展が430円…

けちんぼ 黒田記念館 6/2

通年で開いていないことで有名な黒田記念館が公開時期だと、たまたま前を通って気付いたので行ってみた。 www.tobunken.go.jp 「智・感・情」公開してないじゃないかああああああ!!!!!くそが!クソケチケチ野郎が!でも入館料無料だからケチってのも違…

現代の始まり ウィーン・モダン 5/6

GWに1日くらい好きなことがしたいんじゃあ!とウィーンモダン展。ウィーンとの国交150年でたくさん展示がありますね。 artexhibition.jp 特に今回東京展は300点も来てるとか。絵画や工芸、彫刻に都市計画建築模型と内容も盛りだくさんです。 ただ、小品が多…

河が大好き ドービーニ展 損保ジャパン 4/21

損保ジャパンでドービニを見てきたよ。 www.sjnk-museum.org サブタイトルは「バルビゾン派から印象派への架け橋」そして煽り文句が「モネも愛した“水の画家”」なんというか、大人の事情が見える。「バルビゾン派じゃちょっとパンチ弱いから、人気のある印象…

とにかく美しいから全部許す ラファエル前派の軌跡展 4/14

ラファエル前派の軌跡展を見に行った。 この美術館は19世紀末美術を何度も特集しているし、ラファエル前派も何回目だよって感じ。でも好きだから見る。 mimt.jp 公式サイトや事前公開情報だと、「ラファエル前派の前後、流れ」がテーマみたいなことが書いて…

ファム・ファタルの主役は男達 ギュスターヴ・モロー展 パナソニック汐留美術館 4/8

パナソニック汐留美術館、開始直後のギュスターヴ・モロー展に行ってきたよ!ここはルオーを多数所蔵しているので、そのお師匠さんであるモローも時々やってくる。素晴らしい。 panasonic.co.jp 特に今回は、見たことがない絵がたくさんあった。サブタイにあ…

お金持ちすごい ピカソ展 3/21

池袋東武デパートでお茶休憩をした後。なんかやってるらしいから行ってみようぜ~程度に訪れた美術画廊。池袋のデパートは割としっかりした画廊をやっている印象だよ。 ピカソの展示販売をしていた。ピカソの説明はいいよね、みんな知ってるし。 「貧しき食事…

目黒区はお金持ち。 目黒区美術館コレクション展 3/21

せっかく目黒まで来たのだから、目黒区美術館も見てやるぜ!と思い立ったはものの、松岡美術館から目黒美術館までは相当遠かったw 目黒は区立美術館があるのか、すごいなぁ、私の地元はどうかしら?と調べてみたら中野区には公立美術館がなかった。私立もろ…

猫祭り 松岡美術館 3/21

人生が嫌になったので松岡美術館に行ったら猫がいっぱいいたので生きる。 松岡美術館は白金台にある私設の美術館だ。 www.matsuoka-museum.jp 新宿西口を使う人なら松岡って聞いたことあるかも知れない。 minnagi.hatenablog.com あの松岡セントラルビルディ…

犯人はお前か イサム・ノグチと長谷川三郎―変わるものと変わらざるもの 3/16

横浜に行ったので、横浜美術館に行く。ついでに併設のレストランでごはんしたらおいしかったし値段の割にボリュームがあったのでお勧めである。 というわけで、イサム・ノグチと長谷川三郎展です。 yokohama.art.museum 二人とも神奈川に住んでいたことがあ…

歴史的なやつ 林忠正展 3/9

西洋美術館内の小展示室、いつもだと印刷物の小企画展をやってる部屋でやっていた。 www.nmwa.go.jp 普段なら常設展の一部だから写真撮影可能なのだけれど、今回は不可。企画展がコルビジェだから旧館の1階から始まってたり、地下の部屋は使って無かったり、…