人の金で美術館に行きたい+読

美術館に行った話とか猫の話とかします。美術館に呼んでほしい。あと濫読の記録。




にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
Push
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
Push

Push

Push

読書

【ネタバレ感想】タコの心身問題

書籍データ タイトル:タコの心身問題 作者:ピーター・ゴドフリー=スミス 訳者: 夏目大 お勧め度:★★★★★★ 今日の猫はブレブレ 科学哲学者である作者が蛸のコロニーを観察することで人間と頭足類という全く異なる進化の段階をたどった二つの生物がともに持…

【ネタバレ感想】美味礼讃

書籍データ タイトル:美味礼讃作者:ブリア=サヴァラン訳者: 玉村 豊男 お勧め度:★★★ 今日の猫 稀代の美食家、ブリア=サヴァラン氏による美食の歴史およびその生理学。 面白かったけど、訳者がちょっとなあって。原作とはだいぶ変えて訳したらしい。話の…

【ネタバレ感想】戦場のコックたち

書籍データ タイトル:戦場のコックたち 作者:深緑 野分 お勧め度:★★★★★ 今日の猫 アメリカの片田舎で、雑貨屋兼惣菜屋を営む家に生まれたティム青年。第二次世界大戦に従軍した彼はコック兵のエディに誘われ、自分もコック兵として隊員の食事を調理する部…

【ネタバレ感想】20世紀イギリス短編選

書籍データ タイトル:20世紀イギリス短編選 上下 作者:キップリング・他 訳者:小野寺 健 お勧め度:★★★★ 今日の猫 上 船路の果て / ラドヤード・キップリング [著] 故郷への手紙 / アーノルド・ベネット [著] ルイーズ / サマセット・モーム [著] 岩 / E…

【ネタバレ感想】クラインの壺

書籍データ タイトル:クラインの壺 作者:岡嶋 二人 お勧め度:★★★★★★ 今日の猫 踏みなさんな ある日青年はゲーム会社から、かつて自分が書いて別の会社に応募したシナリオを使ってゲームを作成したいとの連絡を受ける。かなり長い間待たされた結果、出来上…

【ネタバレ感想】レモン畑の吸血鬼

書籍データ タイトル:レモン畑の吸血鬼 作者:カレン・ラッセル 訳者: 松田 青子 お勧め度:★★★★ 今日の猫 収録タイトル 収録タイトル レモン畑の吸血鬼 お国のための糸繰り 一九七九年、カモメ軍団、ストロング・ビーチを襲う 証明 任期終わりの廏 ダグバ…

【ネタバレ感想】八月の暑さのなかで

書籍データ タイトル:八月の暑さのなかで 作者:ロード・ダイセイニ他 訳者: 金原瑞人 お勧め度:★★★ 収録タイトル エドガー・アラン・ポー原作/金原瑞人翻案「こまっちゃった」 W・F・ハーヴィー「八月の暑さのなかで」 サキ「開け放たれた窓」 リチャー…

【ネタバレ感想】夜中に犬に起こった奇妙な事件

書籍データ タイトル:夜中に犬に起こった奇妙な事件 作者:マーク・ハッドン 訳者: 小尾 芙佐 お勧め度:★★★★ 今日の猫はすべてがピンボケ 生きづらさを抱える少年(明示はされないがおそらく高機能自閉症)は数学の天才だが人とのコミュニケーションが難し…

【ネタバレ感想】書きたがる脳 言語と創造性の科学

書籍データ タイトル:書きたがる脳 言語と創造性の科学 作者: アリス・W・フラハティ 訳者: 吉田 利子 お勧め度:★ 今日の猫 うつ病の後にハイパーグラフィアを発症し、薬物治療の作用でライターズ・ブロックを経験した脳科学者の著者が、自身の経験をも…

【ネタバレ感想】特別料理

書籍データ タイトル:特別料理 作者:スタンリイ・エリン 訳者: 田中 融二 お勧め度:★★★★★ 収録タイトル 特別料理 お先棒かつぎ クリスマス・イヴの凶事 アプルビー氏の乱れなき世界 好敵手 君にそっくり 壁をへだてた目撃者 パーティの夜 専用列車 決断…

【ネタバレ感想】二壜の調味料

書籍データ タイトル:二壜の調味料 作者:ロード ダンセイニ 訳者: 小林 晋 お勧め度:★★★★ 今日の猫 二壜の調味料 スラッガー巡査の射殺 スコットランド・ヤードの敵 第二戦線 二人の暗殺者 クリークブルートの変装 賭博場のカモ 手がかり 一度でたくさん…

【ネタバレ感想】黒い家

書籍データ タイトル:黒い家 作者:貴志 祐介 お勧め度:★★★★ 京都の保険会社に勤める男。ある日職場に「自殺でも保険金はおりるのか」と女性から問い合わせの電話がかかってくる。咄嗟に彼女が自殺しようとしているのではないかと自分の兄が自殺したことや…

【ネタバレ感想】きつねのライネケ

書籍データ タイトル:きつねのライネケ 作者:ヨハン・ヴォルフガング・フォン ゲーテ 訳者: 上田 真而子 お勧め度:★★★★ 今日の猫 これで気になったから読んで見た minnagi.hatenablog.com ライオンの王が統べる平和な王国の中で、狐のライネケはみんなの…

【ネタバレ感想】クリムゾンの迷宮

書籍データ タイトル:クリムゾンの迷宮 作者:貴志 祐介 お勧め度:★★★ 今日の猫 仕事をクビになり妻にも見放された男はある日気づくと紅い岩の壁が迷路のように張り巡らされた渓谷にいた。前日まで雪の降る東京にいたはずが、真夏の太陽が照りつける異様な…

【ネタバレ感想】銀の仮面

書籍データ タイトル:銀の仮面 作者:ヒュー・ウォルポール 訳者: 倉坂鬼一郎 お勧め度:★★★★★ 収録タイトル 収録タイトル 銀の仮面 敵 死の恐怖 中国の馬 ルビー色のグラス トーランド家の長老 みずうみ 海辺の不気味な出来事 虎 雪 ちいさな幽霊 全体感…

【ネタばれ感想】無慈悲な昼食

書籍データ タイトル:無慈悲な昼食 作者:エベリオ・ロセーロ 訳者:八重樫 克彦 お勧め度:★★★ 今日の猫 教会で働くせむしの青年は、神父と聖具室係に酷使されている。貧民救済のために地域十人を招いて毎日行われている慈悲の昼食は特につらい仕事で、準…

【ネタばれ感想】怪奇小説傑作集 1 英米編

書籍データ タイトル:怪奇小説傑作集 1 英米編 作者:A.ブラックウッド他 訳者:平井呈一 お勧め度:★★ 収録タイトル ブルワー・リットン 「幽霊屋敷」 ヘンリー・ジェイムス「エドマンド・オーム卿」 M・R・ジェイムズ「ポインター氏の日録」 W・W・ジェイ…

【ネタばれ感想】ねじの回転

書籍データ タイトル:ねじの回転 作者:ヘンリー・ジェイムズ 訳者: 小川高義 お勧め度:★★★ 今日の猫 家にあるホラー小説短編集を読み始めたら、序文に「過去にこんな名作が」みたいな感じで紹介されていたので読みかけの本をほっぽり出して読んでしまっ…

【ネタばれ感想】葉桜の季節に君を想うということ

書籍データ タイトル:葉桜の季節に君を想うということ 作者:歌野 晶午 お勧め度:★★★★★ 今日の猫 こないだ借りたモース警部シリーズがつまんなかったよ!と注文をつけつつ京都人から借りた本。この本はすごく面白かったです。 タイトルがみやびだよね。タ…

【ネタばれ感想】キドリントンから消えた娘

書籍データ タイトル:キドリントンから消えた娘 作者:コリン・デクスター 訳者: 大庭忠男 お勧め度:★ 2年前、キドリントンの街から失踪した少女。彼女の行方を捜査し続けていた警察官が事故死する。遺族にも心当たりのない街に向かっていた彼は、事件に…

【感想文】ご冗談でしょう、ファインマンさん

書籍データ タイトル:ご冗談でしょう、ファインマンさん/困ります、ファインマンさん 作者:R.P.ファインマン(ラルフ・レイトン) 訳者: 大貫晶子 お勧め度:★★★★★ 理系、特に物理化学系にはおなじみのファインマンさんである。理系野郎が「ご冗談でしょ…

【ネタばれ】粘膜蜥蜴

書籍データ タイトル:粘膜蜥蜴 作者:飴村 行 お勧め度:★★★★★ 舞台 戦時下(第二次世界大戦?)の日本及び日本占領下の東南アジア小国ナムール。日本軍はナムールの抗日ゲリラに手を焼いている。ナムールには爬虫人という種族が人間と共存している。髪が無く…

【感想文】粘膜蜥蜴

書籍データ タイトル:粘膜蜥蜴 作者:飴村 行 お勧め度:★★★★★ 舞台 戦時下(第二次世界大戦?)の日本及び日本占領下の東南アジア小国ナムール。日本軍はナムールの抗日ゲリラに手を焼いている。ナムールには爬虫人という種族が人間と共存している。髪が無く…

【ネタばれ】粘膜兄弟

書籍データ タイトル:粘膜兄弟 作者:飴村 行 お勧め度:★★★★ 舞台 戦時下(第二次世界大戦?)の日本及び日本占領下の東南アジア小国ナムール。日本軍はナムールの抗日ゲリラに手を焼いている。ナムールには爬虫人という種族が人間と共存している。髪が無く…

【感想文】粘膜兄弟

書籍データ タイトル:粘膜兄弟 作者:飴村 行 お勧め度:★★★★ 舞台 戦時下(第二次世界大戦?)の日本及び日本占領下の東南アジア小国ナムール。日本軍はナムールの抗日ゲリラに手を焼いている。ナムールには爬虫人という種族が人間と共存している。髪が無く…

【ネタバレ】粘膜探偵

書籍データ タイトル:粘膜探偵 作者:飴村 行 お勧め度:★★★★ 舞台 戦時下(第二次世界大戦?)の日本及び日本占領下の東南アジア小国ナムール。日本軍はナムールの抗日ゲリラに手を焼いている。ナムールには爬虫人という種族が人間と共存している。髪が無く…

【感想文】粘膜探偵

書籍データ タイトル:粘膜探偵 作者:飴村 行 お勧め度:★★★★ ぶれぶれ~ 舞台 戦時下(第二次世界大戦?)の日本及び日本占領下の東南アジア小国ナムール。日本軍はナムールの抗日ゲリラに手を焼いている。ナムールには爬虫人という種族が人間と共存している…

【ネタばれ】粘膜戦士

書籍データ タイトル:粘膜戦士 作者:飴村 行 お勧め度:★★★★ 舞台 戦時下(第二次世界大戦?)の日本及び日本占領下の東南アジア小国ナムール。日本軍はナムールの抗日ゲリラに手を焼いている。ナムールには爬虫人という種族が人間と共存している。髪が無く…

【感想文】粘膜戦士

書籍データ タイトル:粘膜戦士 作者:飴村 行 お勧め度:★★★ 一応短編集なのだけれど、全体的に大きな流れがあるので感想は最後。 舞台 戦時下(第二次世界大戦?)の日本及び日本占領下の東南アジア小国ナムール。日本軍はナムールの抗日ゲリラに手を焼いて…

【感想文】妖魔夜行まとめ読み

書籍データ タイトル:妖魔夜行 作者:グループSNE お勧め度:★★★ 久々に妖魔夜行を読んだら懐かしくなったので、図書館で手に入るだけシリーズ本を借りて読んでみた。私の知っていた妖魔夜行、一回完結してたり、百鬼夜翔という新しいシリーズを出してたり…