人の金で美術館に行きたい+読

美術館に行った話とか猫の話とかします。美術館に呼んでほしい。あと濫読の記録。




にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
Push
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
Push

Push

Push

東洋

買って応援見て応援 超写実絵画の来襲 3/21

東京で珍しくこの時期開いている文化村で、ホキ美術館店に行った。もう他の美術展はだめだ。見れないうちに臨時休館になって、休館のまま会期が終わる。そらそうだよね。コロナ自粛があったって、貸出美術品の返済期限は変わらないよね。でも見たかったよぉ…

最初が最高 津田青楓展 3/13

練馬区美術館はあちこちに「ここで大声を出すととても響きます」という注意文が掲示されている。そもそも美術館がそんな構造になっているのがどうかしている。展示室に防音ドアとかつけて欲しい。(私、毎回この文句言ってる気がする) とはいえ平日の昼なら空…

明るい希死念慮 今井麗展 2/14

オペラシティの所蔵品展。 www.operacity.jp ここはいつも近代の所蔵品と、現代の若手展示をセットでやっている。今回の今田麗さんの展示はかなりスタイリッシュだ。 --- 「玉ねぎ」 なんというか、うまい… 見た瞬間打ちのめされるようなうまさだ。なんだい…

人を選びます 白髪一雄展 2/14

今回の展示は結構えぐいから、苦手な人は結構だめだと思う。何だろう、ただの絵の具の奔流といえばそれだけの作品なのだけれど、エネルギーが相当あるのでもうグロテスクなものにしか見えなかったりする。あと、猪の毛皮に血糊をぶちまけたり水の中に臓器を…

さようなら工芸館 パッション20 2/11

竹橋駅を出て皇居を左手に国立近代美術館本館を超えて10分ほど歩くと、首都高の入り口側にかっちょいいレンガ造りの近代建築がある。それが国立近代美術館工芸館だ。とてもマイナーな施設である。 www.momat.go.jp しかしこの工芸館という施設、というかシス…

慎重に選べ 記憶の珍味 1/25

銀座に行くので資生堂パーラー。 bijutsutecho.com 諏訪綾子さん、結構前から知っていました。なんだったかなぁ、確か金沢21世紀美術館のがニュースになったんだよな。 www.foodcreation.jp 面白そうだなぁとずっと気になってたので、行けてうれしい。行きた…

ひらひらひだひだ ひだ 機能性とエレガンス 1/10

すっごい久々に文化学園の博物館に行ってきた。何年ぶりかな、ぱっとわからないくらい行ってなかった。広告が少ないんだよなぁ。 museum.bunka.ac.jp 学校付属の博物館なので入場料はお得。ただしグッズはほぼ無い。図録もない。写真不可。受付のお姉さんが…

お立ち台を見に行った 高御座と御帳台 1/3

令和最初のお正月ということで www.tnm.jp 2019年に即位礼正殿の儀で使用した高御座、御帳台がなんと無料展示!ということで見に行ってきました。もちろん昼は1時間待ちとかすごい行列なのですが、金曜の夜間特別開館の時間を狙ったので待ち時間0でした。他…

抽象は哲学 坂田一男 捲土重来 12/15

ステーションギャラリーに行ってきたけど、なんか変な感じだった。いつもよりちょっと安いし、図録が製作中ということで予約のみだった。売り切れというわけじゃなくて、まだできていないみたい。何かトラブルがあったのだろうか? www.ejrcf.or.jp というわ…

ちょっと怖かった 近代常設展 11/2

国立近代美術館の所蔵品展。別料金で鏑木清方展も見れたけど写真不可だしパンフ品切れだし、何より「表現きれいで細かいねぇ」以上心に響かないので割愛。www.momat.go.jp --- 松井 康生「練上嘯裂文茜手大壺」 練上:色の異なる土を組み合わせて模様を表す…

窓の何を表すの 窓展:窓をめぐるアートと建築の旅 11/2

久々の近代美術館。 www.momat.go.jp 企画展のテーマは「窓」ですが、そこまで厳密なものでもないようです。窓を表現した作品、窓を思わせる作品、窓から想起した作品、主題ではないけれど窓が一応含まれる作品。そういうのだけでなく、「窓じゃないけど窓っ…

数で勝負はつかれます お帰り「美しき明治」 10/17

調布市美術館に行ってきた。 www.city.fuchu.tokyo.jp 今回の展示のコンセプトは、「美術史であまり顧みられていない明治期の日本人洋画に着目」というところです。日本に洋画が入ってきたころから、外国人教師の作品やその弟子たちの作品、1878~96年の洋画…

虫は嫌い。 遠藤 薫展 9/8

www.shiseidogroup.jp 「近年亡くなった誰かのおばあちゃんの刺繍画/ミレー『落穂拾い』」 タイトルが……タイトルが重い…… これだけ写真を失敗したので、カタログ写真です。パット見何なのかもわからないほどすり切れた刺繍画。ゴブラン織りにも見える。 --- …

鵠沼の女の子 岸田劉生展 9/1

毎年「今年注目の美術展一覧!」みたいな雑誌を買うことにしているのだけれど、そういう雑誌って大体美術展チケットの応募ハガキが巻末についてたりします。というわけで、 当たったぜ懸賞!行くぜ美術展!www.ejrcf.or.jp というわけで岸田劉生展です。ペア…

お金持ち公民館 港区立郷土歴史館 8/18

白金高輪駅近く、港区の区民会館的なところに行ってきました。でけぇ。 www.minato-rekishi.com もとは国立の公衆衛生病院だったそうです。中にはカフェがあったり歴史資料館があったり、図書室があったりします。でもどうやらほとんどの部屋は閉じられて利…

ポストカードくださいったらください。 太田喜二郎と藤井厚二ー日本の光を追い求めた画家と建築家 8/17

目黒区美術館に行ってきた。ここは坂をひたすら下って行った先にあるので、行きはよいよい帰りは恐いである。東京の坂はマジきつい。 mmat.jp Wikipediaには太田喜二郎のページがなかった。藤井厚二のページはあったけど写真がないので今回は割愛する。 太田…

ウェイの巣窟 mirror ball 8/17

新宿で飯でも食うべなとイケイケスポットのサナギに来てみたのだけれど、時間帯のせいかご飯売ってなかった。悲しい。タピオカドリンクで腹を膨らませたくはない。 ichigaya.keizai.biz 店の一角に写真展示がされていましたよ、と。普通にその壁の前にお客さ…

自己主張強め projectN76 末松由華利 8/10

オペラシティの常設展はいつも二つある。 www.operacity.jp --- 「悲しいほど似ていて、恐ろしく異なる」 切り絵のような作品。折り紙をたたんでハサミで切って、レース模様を作って遊んでいた幼稚園時代を思い出す。右の赤いやつ、リンゴみたいなのが好き。…

見にくさがひどい 池田良二の仕事 8/10

ジュリアン・オピーのついでに所蔵品展。これは撮影不可だった。 www.operacity.jp 正直すごく見づらかった…背景とあまり差のない淡い色のインクで細かい文字や写真が刷られているリトグラフなのだけれど、あまりにも繊細なその絵が、額のガラスに反射した光…

うすら寒い感じ 真夜中の来訪者 8/3

冨安由真の個展がデパートでやってるよって知ったのは終了数日前だったけど、何とかねじ込みで見に行くことができました。 www.jiji.com 期間が短いし、宣伝も足りないよ!もっと早く教えてくれ!! --- 「The Midnight Visitors」 インスタレーション作品。…

幻再び 立体錯視の最前線 7/20

神保町でカレーでも食うべと出かけてたまたま通りすがったお茶の水。明治大学に特別展のポスターがデカデカと貼られていたので思わず立ち寄ってしまった。 www.meiji.ac.jp 前も見たことあるんだけど、面白いから何度だって見たいじゃないですか。ないですか…

理屈か結果か 塩田千春展:魂がふるえる 7/1

年単位で久々の森美術館。ここは……なんだか合わないんだ…まず入り口の導線がクソで、展望台に行きたい人と森美術館に行きたい人とアーツセンターギャラリーに行きたい人とをごちゃ混ぜに並べて入場券買わせるからクソ混んでるし、そもそも展示内容が好みに合…

冷たく燃える 井上嗣也展 Beginnings 6/14

GGGのポスター展。 www.dnp.co.jp 入るとなんかSFっぽい不思議な音楽が流れている。あまり音楽聞かない方なのでジャンルとかわかんないんだけど、なんか曲というよりは音のような、現代音楽?環境音みたいな感じの不思議な音。CD売ってた。こちらで試聴出来…

ぐるぐるしてる 荒木悠展 : LE SOUVENIR DU JAPON ニッポンノミヤゲ 6/14

www.shiseidogroup.jp 久しぶりに資生堂パーラーに行ったよ。入ったとたん、美しき青きドナウが大音量で流れていてなんだろう?ってなった。 Product Placement Ⅱ(シャンデリア)Ⅲ(鏡)h4 メビウスの輪のような光るオブジェ。きれーい。本当はここまでビッ…

めっちゃお得 藝大コレクション展 6/2

藝大コレクション展に行ってきた。東京藝術大学は当然のことながら明治時代から美術教育のトップをひた走っているので所蔵品がすごい。美術の教科書に出てくる絵は大体ここか西美にあると言っても過言ではない。 www.geidai.ac.jp そのコレクション展が430円…

彫刻とは何か 時間/彫刻‐時をかけるかたち 6/2

geidai-sculpture2019.wixsite.com 鈴木 弦人「Yggdrasill」 見た瞬間、京都人がゲラゲラ笑いだした作品。ユグドラシルってこれだよね?ユグドラシル - Wikipedia いや、作品としては面白いけどそんなに声出して笑うか…??私の知らない元ネタがあるのかもし…

背景も作品のうち 藝大彫刻科作品 6/2

上野公園の端には、藝大の展示スペースがある。東京都美術館の横、音楽堂の前だ。 福島 李子「さわれた夢」 見てなかなかいいじゃんって思ったのですが、写真に撮るとわかりづらいなぁ。 ウレタンフォームの表面のような、黙々とした中に色々なものが埋まっ…

けちんぼ 黒田記念館 6/2

通年で開いていないことで有名な黒田記念館が公開時期だと、たまたま前を通って気付いたので行ってみた。 www.tobunken.go.jp 「智・感・情」公開してないじゃないかああああああ!!!!!くそが!クソケチケチ野郎が!でも入館料無料だからケチってのも違…

なぜ怖いのか考えてみるべきではある ICCオープン・スペース2019 別の見方で 5/24

久々にICCに来た。 www.ntticc.or.jp ここはハイテクを利用したインスタレーションが中心の展示で、低額OR無料で見学できる最高の場所だ。でも、何か知んないけど、毎回怖い作品が多い! シンスンベク・キムヨンフン「ノンフェイシャル・ポートレイト」 シン…

箸置き、衝撃の歴史 5/27

箸置き。かわいいですよね、箸置き。かさばらないこともあって、コレクションしている人も多いといいます。でも美術館や博物館で箸置きって見たことある?なくない? なん……だと………?!?!? 考えてみれば、時代劇とかに箸置きが出てきたのを見たことがない…