人の金で美術館に行きたい

美術館に行った話とか猫の話とかします。美術館に呼んでほしい。

にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
Push
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
Push

美術

歪む自己と完璧な夏 うるしのかたち展

東京藝術大学の「うるしのかたち展に行ってきた。 めっちゃフォトジェニックな展示館の中でやっている無料の展示。 入ったらパンフが置いてあって、この厚さなら500円くらいかな?て思ったら名前書けば無料でくれるって言われてびっくりした。 超綺麗じゃな…

新宿謎のビル

新宿西口に、なんのキャプションもなく唐突に芸術品飾ってあるビルがあるの、知ってる? これは松岡セントラルビルディング。三井住友銀行とか入っているビルです。 これは、まさに銀行の地下入り口に置いてあるのだけれど、作者名も作品名もナーーンにも書…

(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ hand of peace

今日は通院で半休とったけど、病院空いてるから時間あまりまくるんだよね。 だから損保ジャパン行こうかと思ったんだけど。 ちょっとどうしたの?土日でもこんなに混まないよね?シルバー無料デーとか??てくらい混んでたから挫折した。 時間が読めないのは…

聖アントニウスの誘惑

キリスト教の聖人で、聖書に出てこないのに絵画によく出るのは聖カテリナ、聖ゲオルギウス、聖セバスティアヌス、それになんと言っても聖アントニウスだろうと思う。これら聖人はだいたい絵画の中にいきなり現れるので、それが誰かを判別するアトリビュート…

19世紀末最高 ボストン美術館の至宝展

東京都美術館に、ボストン美術館展を見に行った。最近都美に行くたびに、前の広場で○○国フェアをやっていて、珍しい屋台が出ているのでついご飯を買ってしまう。週末はパキスタンフェアをやっていた。罠だ。公から資金援助を受けずに有志の寄贈で成り立って…

ギラギラ光る 佐々木達郎 漆芸展

日本橋三越のギャラリーで、アヴァンギャルドな漆芸展示をやってた。 漆芸家 佐々木達郎 漆 美の世界 展覧会情報 What's new 新しい漆芸だよね。こういうのいいと思う。右のとか、宇宙みたいで好きだ。すごく新しいし、新しいだけじゃなくて漆芸の良さが…

SAMURAI9 新宿京王プラザホテル 気鋭作家9人、魅惑の絵画展

日本橋で絵画展を見た(一昨日のブログ)ら、出口にこんなチラシがあって。 なんだ、同じ人たちの展示じゃないか。京王プラザホテルって帰り道だし無料っぽいな?と思ったのでついでに行ってきた。 こんな感じでホテルの一角にどどんと飾られています。 --- …

国のお墨付き 文化庁新進芸術家海外研修制度50周年記念展

滅多に郵便が来ないのであまりポストをチェックしないのだけれど、火曜日に久しぶりに開けたらこれが来ていた。目についた美術チケットプレゼントには全部応募してるんだけど、そのうちの一つにあたっていたのだ。やべーやべー、開催期間短いじゃん! という…

かわいい悪魔 ベルギー奇想の系譜展

7月の15日に行ってきたんだけど、色々あって書くのがものすごく遅れてしまった。 fantastic-art-belgium2017.jp www.bunkamura.co.jp ベルギーって大物作家が多いな!って言うのが正直な感想。ボスとか、ブリューゲル一族とか、マグリットとか、クノップフと…

聖クリストフォロスの憂鬱 ベルギー奇想の系譜展

というわけで、ベルギー奇想の系譜展にあるヒエロニムス・ボスの追随者による「聖クリストフォロスの誘惑」について話をしたい。 fantastic-art-belgium2017.jp この絵をよく見ると、主役と思しき右側で物思いに耽る男性の下に「St. ANTONIVS」、「聖アント…

お写真撮りに渋谷まで セルゲイ・ポルーニン写真展

さて、カメラを手に入れて早速撮影でもしたいものだわ!と近くのドトールで充電したのはいいんだけれど。最初はどこかの常設展でも撮影しようと思っていたのだけれど、ビッカメのおじさんに初期設定してもらったりしてたら結構な時間になってしまい、どこか…

池袋東武で猫を見る 名古屋剛志

今日こそ文化村の話をしたかったんだけれど、先週間違えて持って帰ってしまった京都人が週末図録を持ってきてくれなかったので、別の話をしよう。 日曜日、また池袋に行ったんですよ。そんで、東武百貨店に行ってみた。できた当初は日本一大きいデパートだっ…

西武池袋店ギャラリー1 比翼の会

池袋西部でごはん食べた帰りにたまたま見かけたアートコーナー。終了した展示会情報は容赦なく消されるらしく、見たやつの情報は無いけど。 西武池袋本店トップ|西武・そごう 結構いい作品が多かったよ。こういうギャラリーのレベルってどこで決まるんだろ…

真の画家の秘密 読書感想文、サルヴァドール・ダリ

図書館に行ったら派手な本があったのでフラフラと借りてしまった。 あのサルヴァトール・ダリの書いた本である。常に画家を演じ続けた彼の書いた本であるから、どこまで本気で描かれているのかわからない。蜘蛛を捕まえて魔術めいたオブジェに巣を張らせろと…

オークションに行きたい 三菱商事アート・ゲート・プログラム

三菱一号館美術館に行く時、普段は地上を通るんだけど暑さにやられて地下を移動。そしたらこんなのを見つけた。 www.mcagp.com 色んなことをやっているんだね。返済義務なしの奨学金とかすごいな。 --- 溝口まりあ「見栄っ張り」 生意気~な顔をしていてよい…

ミケランジェロにかこつけて レオナルド×ミケランジェロ展

三菱一号館のレオナルド×ミケランジェロ展に行ってきた。行ってきたけど…ビミョーというか正直がっかりであった。 レオナルド×ミケランジェロ展|三菱一号館美術館(東京・丸の内) 数が少なかった。の割に1700円とちょっと高かった。最初からわかってたけど…

本当に怖い絵が見たい 読書感想文・ロンドン塔の王子たち

中野京子さんの「怖い絵」を2冊読んで、正直げんなりした。 なんでこれを読もうかと思ったかと言うと、秋に東京で開催される「怖い絵展」を楽しみにしているからだ。 www.kowaie.com ここの所美術展のトレンドが光にあふれた明るい絵になってきている。揺り…

日本画と洋画の違い 炎舞 速水御舟

私に限って言えば、美術品の好みは結構変わる。単純に今まで知らなかった画家に夢中になることもあるし、それほど好きでなかった絵を見直すこともある。嫌いになること、はさすがにないけれど、より好きなものができた結果相対的に優先度が下がることは当然…

日本橋三越の客層 日本画家 西野陽一 / 朝日焼十六世 松林豊斎

週末の続き日本橋三越のアートスクエアってところに行ってみた。新宿のデパートのアートコーナーは結構しょぼいからあまり期待していなかったんだけど、フロアについた途端エスカレーターの前にどーん!っと劇場が現れて凄いなって思った。あと、1階も宝飾…

目的と手段 千葉・ホキ美術館

絵画は写実的なほうが好きだと言った。けど写実、と言っても尺度に迷うのが事実だ。ダリやマグリットのようなシュールレアリスムと、モネやルノワールのような印象派と、グリューネヴァルトやボッティチェッリのような中世の画家と、どれが一番写実的だと言…

オーソーレミーオ ジョアン・ミロの疑惑

先月、と言っても数か月前だけれど、デパートのエスカレーターを降りたところに美術品販売コーナーがあった。もちろん買うお金もないし飾るスペースもないのだけれど、何となく見ていたらポストカードが展示されていて、ついうっかり衝動買いしてしまったの…

畏怖 ムンクのマドンナ

私の好きな絵30選〜30も続くかしら?の第2弾はムンクです。「マドンナ」これは1894年。 うん、手持ちのポストカードがこれなんだけどさ、本当はこれじゃないんだ…これだけど、これじゃないんだ… (アマゾン) これ。アマゾンで売ってるこれが欲しい。買ってく…

建築写真のフォーマット 「光と空間」建築の美

六本木に行ったら必ず寄るところがあります。美術スキーはみんな寄るんじゃないかな、富士フィルムスクエア。ここはいつ来てもなんか新しいことやってるし、無料だし、写真撮影可能なことが多いし、とても良いですよ。というわけでまずは、"日本建築写真家協…

情報過多 アルベルト・ジャコメッティ展@国立新美術館

国立新でジャコメッティを見てきた。見たらジャコ飯が食べたかったけど外食では見つからなかった。無念。 www.tbs.co.jp アルベルト・ジャコメッティ - Wikipedia などと「おっジャコ!おっジャコ!」とはしゃぎながら展示を見終えたら物販コーナーに線香と…

暴れん坊伝説 カラヴァッジョ

昨日の記事を書くために思いつくまま画家の名前を検索していたら、カラヴァッジオの絵が見たくなったよね。去年国立西洋美術館でカラヴァッジオ展をやってたんだけど、今見たらもう公式特設サイト消えていた。悲しいね。 日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッ…

美術館が顧客満足度を上げるために今すぐすべきたったひとつのこと ミュシャ、伊藤忠青山AS

いい加減、額のガラス反射しない素材にかえてくれよおおおおおおおおお!!!!!見辛いんだよおおおおおおおおおおお!!!!!!!ちょっとググればあるじゃんか!こういうの!こういうのにしてくれ!! 低反射ガラス クリアサイト(屋内外用低反射コーティ…

ハゲリオー テオドール・シャセリオー

「君の話すこと8割がた毛やな」って言われた。禿にはあまり興味がない。けれど、バーコードや不自然なカツラは気になって気になって仕方ないほうだ。某アメリカ大統領とか気になる。某沖縄知事とか気になる。アメリカって、ブルース・ウィリスとかニコラス・…

常に若き見知らぬ者たち ソール・ライター

ソール・ライター展を渋谷文化村で見てきた。 www.bunkamura.co.jp ソール・ライターはアメリカ生まれの写真家。ユダヤ教の導師ラビの息子で、自身もラビになるために神学校に通わされていたというから、独立して写真家になるのは大変な苦労をしたことと思う…

コアを探せ マックス・エルンストの謎

昨日一番好きな画家はオディロン・ルドンだと言った。もう超大好き。岐阜県美術館が東京に移転すればいいのにと思うくらい好き。では今一番気になる画家は誰かと言われたら、実はルドンじゃなくてエルンストである。 マックス・エルンスト、本名マクシミリア…

世界の薄闇の中で オディロン・ルドン

今日は何の話をしようかなぁと考えて、やっぱ一番好きな作家の話をしようかなぁと思うよ。オディロン・ルドンだ。私、ルドングッズいっぱい持ってるよ!あと写ってないけど文化村のDVDと画集1冊ある。パッと出てこなかった。部屋掃除せにゃ。 オディロン・ル…

芸術の再現性について考える トーマス・ルフ

仕事から帰る時、通勤路にいつもカーテンを開けている家がある。夜なので中がよく見える。部屋の壁に、トーマス・フルのポストカードが飾られている。ポートレイト、下のサムネに出てくる奴だ。それを見るたびに私はルフの写真をカードにすることに何の意味…

ロマン・チェシレヴィチ 引きずり込まれる力

というわけで、15日銀座でヴァニラ画廊を見終わった私はとりあえず満足であった。 しかしまだ昼間。交通費をかけてやってきたのにこのまんま帰るのもなぁ。でもカフェに行くのも高いしなぁ。と考えていたら思いついたのがGGG。 今までタイミング合わなくて行…

大きさだけがすべてじゃないけれど:国立新美術館「ミュシャ展」スラヴ叙事詩

国立新美術館のミュシャ展には行ったよね? www.mucha2017.jp 関東人は当然行ったことと思う。あの、スラヴ叙事詩が20枚全部いっぺんに見れる。夢のような話だ。行くしかない。もう去年からずっとわくわくして待ってたし、親族が貸し出しにクレームつけだし…