人の金で美術館に行きたい+読

美術館に行った話とか猫の話とかします。美術館に呼んでほしい。あと濫読の記録。




にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
Push
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
Push

Push

Push

美術

ひらひらひだひだ ひだ 機能性とエレガンス 1/10

すっごい久々に文化学園の博物館に行ってきた。何年ぶりかな、ぱっとわからないくらい行ってなかった。広告が少ないんだよなぁ。 museum.bunka.ac.jp 学校付属の博物館なので入場料はお得。ただしグッズはほぼ無い。図録もない。写真不可。受付のお姉さんが…

みなぎコレクション 1/11

骨董ジャンボリーに行ってきたんですけどね。 kottoh-jamboree.com 買えるものはほとんどないねぇ…普通に相場の値段で相場のものが売っている。そらそうだよねぇ。骨董屋さんが大量に集まっているのだもの。もしめちゃくちゃお買い得なものがあるなら、他の…

お立ち台を見に行った 高御座と御帳台 1/3

令和最初のお正月ということで www.tnm.jp 2019年に即位礼正殿の儀で使用した高御座、御帳台がなんと無料展示!ということで見に行ってきました。もちろん昼は1時間待ちとかすごい行列なのですが、金曜の夜間特別開館の時間を狙ったので待ち時間0でした。他…

特別室の迫力 黒田記念館特別室 1/3

ついに行ってきました。黒田記念館特別室。 www.tobunken.go.jp --- 黒田清輝「智・感・情」 右が「智」、中央が「感」左が「情」こうして遠くで見ると背景の横線が目立つけれど、目の前で見ていると人物描写に圧倒されて背景はほとんど目に入らず平面のよう…

せめて形だけでも 図録

神戸ファッション美術館、一回だけ行ったことがあります。なんかやたらアクセス悪いところで、一駅間違えて降りたら次の電車が全然来なくて呆然とした思いでがある。そんな神戸ファッション美術館で、アフタヌーンティの展示をやっているらしい。 www.fashio…

あけおめコレクション

ストラットンのリップビューを買いました。 って、そもそもリップビューって知ってます?私、去年コンパクト探すまで知らなかったよ。口紅につけて使う、ちょうど口元だけが映るサイズのコンパクトな鏡のことだそうです。化粧直しに便利。 かーわーいーいー…

それでも、なお サラ・ベルナールの世界展 12/22

サラ・ベルナールの世界展に行ってきたよ。 サラ・ベルナールの世界展|松濤美術館 渋谷の松濤美術館、区立なんだね…あんなオシャレ建物が公営のなんだなぁ。さすが渋谷。 サラ・ベルナールはアール・ヌーヴォーのミューズ、伝説の女優です。https://ja.wiki…

見たよという記録です 銀座無印 12/15

銀座無印でご飯をしようとしたんですよ。そしたら結構混んでいて、整理券を取得してからしばらく暇つぶしをしましょうねということで、店の中をうろついていました。そしたらなんか展示スペースがあったよというお話です。 www.muji.com 新しい益子焼の可能…

抽象は哲学 坂田一男 捲土重来 12/15

ステーションギャラリーに行ってきたけど、なんか変な感じだった。いつもよりちょっと安いし、図録が製作中ということで予約のみだった。売り切れというわけじゃなくて、まだできていないみたい。何かトラブルがあったのだろうか? www.ejrcf.or.jp というわ…

写真には写らない世界 チームラボボーダレス

少し早いクリスマスということで、お台場のチームラボボーダレスに行った。青海の方。 borderless.teamlab.art こういうのもプロジェクションマッピングっていうのかな。刻一刻と変化する流れる映像で一面に埋め尽くされた世界。撮影可能だけれど、まともに…

先行投資 みなぎコレクション

皆さん、人生してますか?私は人生迷走中です。 迷走なりにちょっと人生何とかしようと、椅子を買いました。 19世紀末のイギリス製パーラーチェアだそうです。いや、来年ちょっと自宅にいる時間を増やそうかって話になっていてね。そうしたらテーブルと椅子…

想定外 みなぎコレクション

ロイヤルベールというメーカーのティーセットを買ってしまった。私が集めているのはトリオとデミタスカップだけで、セットはかさばるし高いから対象外なのに。なのになぜ買ったのかというと、ヤフオクで100円だったからだ。100円で落札できるとは思ってなか…

猫ブランド カルティエ展 12/1

久々にシェアアートでチケットが当たったので、チケットもらいでもしなければいかないような展示に行ってきた。 cartier2019.exhn.jp カルティエ…カルティエなんか一個も持ってねぇw負け惜しみに聞こえるかもだけど、カルティエといえばやはりバブルを連想す…

小粒の佳作 吉野石膏コレクション 11/23

印象派からその先へー世界に誇る吉野石膏コレクション mimt.jp 率直に言って、地味な展示。数も多くないし、作品もこじんまりしたものが多い。あまり冒険しないというか。 無難な代表作…というわけでもないんだよなぁ。特徴的な画風がよく現れた時期、のちょ…

フランスの本 アール・デコの造本芸術 11/24

日比谷図書文化館に行ってきた。 www.library.chiyoda.tokyo.jp お金持ちの区は文化レベルが高い。俺の区にはこんなおしゃれな施設ないぞコノヤロー!!入場料は300円と激安ですが、チケットがQRコードの自動発券機だったりしてハイテクだな、お金がうなって…

座れます 椅子の神様 宮本茂紀の仕事 11/9

銀座からてくてく歩いて京橋へ。 www.livingculture.lixil このメインビジュアルに惹かれてやってきた。半分解体展みたいなやつかな?て思ったけど、構造部分はちょっとだけだった。というか、ここ狭いのに会場構成に凝って、展示物少なかった。 宮本茂紀 - …

広告デザインは庶民の味方 日本のアートディレクション展GGG 11/9

銀座でギャルリーためながに行きたかったのだけれど、客ゼロで入口に店員がドアをふさぐように立っててさ。一応画廊だけど僕ここで売ってる絵を買う金ないから100%客じゃないんだよなと思うとちょっと入れなかった……悲しい……お金欲しい…… そんな悲しみの銀座…

ちょっと怖かった 近代常設展 11/2

国立近代美術館の所蔵品展。別料金で鏑木清方展も見れたけど写真不可だしパンフ品切れだし、何より「表現きれいで細かいねぇ」以上心に響かないので割愛。www.momat.go.jp --- 松井 康生「練上嘯裂文茜手大壺」 練上:色の異なる土を組み合わせて模様を表す…

窓の何を表すの 窓展:窓をめぐるアートと建築の旅 11/2

久々の近代美術館。 www.momat.go.jp 企画展のテーマは「窓」ですが、そこまで厳密なものでもないようです。窓を表現した作品、窓を思わせる作品、窓から想起した作品、主題ではないけれど窓が一応含まれる作品。そういうのだけでなく、「窓じゃないけど窓っ…

コレクションの謎 内藤コレクション&西洋常設展 10/27

国立西洋美術館の常設展と、コレクション展。 www.nmwa.go.jp 内藤コレクションって何ぞや?というと、西洋写本の本から剥がれ落ちたページを集めたもの、らしい。 「別に写本には興味がないけど価値があるから集めてる」みたいなことが書いてあってサイコパ…

美術コレクション一族 リヒテンシュタイン展 11/4

短期間にわしゃわしゃといくつか展示を見たのだけれど、ちょっと順番前後して文化村の話をするよ。 www.bunkamura.co.jp 今回の企画展はリヒテンシュタイン侯国の建国300年を記念したものだそうです。 ja.wikipedia.org リヒテンシュタイン侯国はスイスとオ…

大量展示の是非 ハプスブルグ展 10/27

西洋美術好きなら押さえておきたい、ハプスブルグ展には当然行く。だって、絶対すごいじゃん。ゴージャスに決まってんじゃん。見るしかないじゃーん。 habsburg2019.jp www.nmwa.go.jp ハプスブルグ家は知らない人はいないであろう、欧州の貴族です。軍事と…

【ネタバレ感想】現代美術史テキスト

書籍データ タイトル:現代美術史テキスト 作者:中ザワヒデキ お勧め度:★★★★★★ 今日の猫 印象派からポップアートまで、官製サロンが終焉してからの美術史を有名絵画の模写を多数参照して紹介する。 すっごくおもしろかった。府中市美術館の売店でたまたま…

行為とその道具 Surface and Custom 10/20

銀座資生堂パーラーは今改装工事のため休館中なのだけれど、地価の資生堂ギャラリーは営業中だよ。現存する日本最古のギャラリーなんだってさ。 www.shiseidogroup.jp --- ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ「Moulting」 1923年から1959年までの資生堂…

あっさりなのでおまけをつけました マルク・シャガール―夢を綴る 10/20

銀座でタダでシャガールが見れると聞いて。 www.po-holdings.co.jp ポーラミュージアムアネックスは、銀座の端っこ、1丁目にある小さなギャラリーです。いつもは現代アートの作品を展示しているのだけれど、10周年記念とのことで箱根の美術館から持ってきた…

数で勝負はつかれます お帰り「美しき明治」 10/17

調布市美術館に行ってきた。 www.city.fuchu.tokyo.jp 今回の展示のコンセプトは、「美術史であまり顧みられていない明治期の日本人洋画に着目」というところです。日本に洋画が入ってきたころから、外国人教師の作品やその弟子たちの作品、1878~96年の洋画…

写真中心 日芸とバウハウス100年 10/14

ちょっと江古田に用があった。 そんで、江古田まで来たんだからのぞいてく?と日本大学芸術学部へ。 www.bauhaus.ac 金属張りのスタイリッシュな建物だけど、下からは見えない屋根の部分に目玉みたいな日芸マークが付いてるらしい なんか…なんか20世紀少年み…

ゴッホ爆誕 ゴッホ展 10/11

たまたま午後から体が空いたので、ゴッホ展の初日に行ってみた。だってゴッホだし、上野の森だし、会期後半になったら絶対混むだろうなぁって。 go-go-gogh.jp ゴッホについては、知らない人はいないでしょう。世界の有名画家TOP5には入りそう。今回の展示は…

豪華名作シリーズ コートールド展 9/22

割と開始直後にコートールド美術館展に行ったのだけど、仕事が繁忙期で書く暇が取れずにこんなにたってしまった。 www.tobikan.jp フランス系イギリス人、サミュエル・コートールドのコレクションからなる美術館が現在改装中ということで、日本に来ています…

シェリー2連発 コレクション

ヤフオク購入品シリーズだよ。 ワイルマン・シェリー 金彩伊万里様式華装飾紋 サーヴィング・プレート 名前は大げさだけど、要するにイギリス製日本風大皿。刺身とか盛るとめちゃくちゃそれっぽく見える。 バックスタンプからすると1894-1910年のいずれか。…