人の金で美術館に行きたい

美術館に行った話とか猫の話とかします。美術館に呼んでほしい。

にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
Push
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
Push

5つ星 クインテットⅣ 2/14

 水曜日に用事があって半休を取ったものの、用事自体は時間かからないから暇になって見に行った。東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館で、クインテットⅣ。

www.sjnk-museum.org

f:id:minnagi:20180219120150j:image

撮影可能、会場こんな感じ。平日の昼だというのにそこそこの人出。

---

船井美佐 「Hole/桃源郷/境界/絵画/眼底」

f:id:minnagi:20180219120130j:image

鏡を切り取った作品。写り込む世界や床への反射も含めてきれい。
壁一面に飛ぶ鳥の形の鏡がちりばめられて、とても開放感がある。

---

船井美佐 「nirvana 猫椿」

f:id:minnagi:20180219133045j:image

シンプルな線の一筆書きのような世界の中に、さまざまな生き物たちが重なり合っている。こんな極楽のような絵画作品がいくつも展示されています。
天国じゃなくて極楽な感じ。

そういえば全然テイスト違うけれど、私も子供のころこんな風にひたすら線がつながっていくような落書きをしていたなぁとふと思い出した。

---

竹中美幸 「何処でもないどこか(巡る雫)」

f:id:minnagi:20180219120051j:image

透明感がメインの作品を多く出している人。これは雲を描いた絵画の上に紙?を重ね、額縁のガラス部分にアクリルで雨粒を表現している。
他にも絵画とアクリルを重ねたり、35mmカラーフィルムに色を焼き付けて重ね合わせたりといった作品が美しい。

---

竹中美幸 「外側の気配」(上)/「内側の気配」(下)

f:id:minnagi:20180219120044j:image

普通の絵画も透明感がある。自然のうごめきを思わせる作品だ。春の気配を感じる冬や、梅雨時期の生命の爆発である夏を息をひそめて待ちわびている感じ。

---

青木恵美子 「PRESENCE No39」

f:id:minnagi:20180219120035j:image

アクリルの厚い板の裏とぐるりに塗料を塗った作品。
これを見たおばあさんが「え?なにこれ?」と連れと戸惑っているのが面白かった。その発言聞いたら、作者さん喜ぶんじゃないかなぁw
ミニマルな抽象画と言っていいけれど、アクリルの表面は当然いろいろなものを映し出すのでそれが面白い。くろ背景のバージョンもあって、より鏡像感が強くてよかったのだけれど、他鑑賞者さんが写り込むので写真は秘蔵。

例えばこれなんかはぶっちゃけアイディア勝負なところがあって、これを見てイイネと思った私がホムセンで材料をそろえて全く同じものを作ろうと思えば作れるものだ。
個人的に楽しむだけならば、自分だけであっさり複製作品を作ることができるし、正直その複製とオリジナルとの際はほとんどないだろう。
けれどなぜ私は写真を撮るだけで複製品を作らないのかなぁと考えながら見ていました。
モンドリアンの抽象だって、適当な作品の写真を手に入れて各部のサイズを測れば誰だって同じものが作れるわけじゃないですか。原色しか使ってないんだから。なのになんで複製には価値が無いのか、と。

アウラがどうとか芸術性がどうとか難しいことは置いておいて、私がそれをしない理由は、ただ単純に摸作品を見るたびに「これオリジナルじゃなくて自分でまねしたんだよなぁ」ってちょっとがっかりした気分に毎回なりそうだからです。
ただそれだけです。

---

青木恵美子 「INFINITY Blue No6」

f:id:minnagi:20180219120039j:image

 キャンバスに花弁を貼り付けて、その上から着色した作品。立体感は横から見ると相当ある。
同系列の作品、類似職の作品もあるけれど、多分メインビジュアルに使われているのはこれだと思う。迫力あるけどあんまり見ると疲れちゃうかな。逆に、もっとびっしり花があってもいいと思う。

---

青木恵美子 「Blue flower」

f:id:minnagi:20180219120108j:image

こちらの絵画作品の方が好き。大きな画面に滲むような深い色。見ているとゆったりした気持ちになる。沈み込むような、よく眠れそうな感じ。タイトルは花だけれど、赤とか他の色の作品でも深海を連想する。

 

今回は写真撮影可能で、最近の傾向として現代作家さんの展示の場合は撮影可能なことが多い気がする。作家さんもSNSとかで話題になって欲しいんだろうね。

そんで、以前は撮影可能展示には普通のカメラを持って行ってたんだけれど……なんか最近音が煩いとか撮影しすぎとか色々言われるようになってしまいました。
画質もまあまあだし、こうして簡単に補正して出すことを考えるとアイフォンの無音カメラアプリを使うのがいいのかなぁ。でもせっかくカメラあるのにもったいないなぁ。でもデジカメ正直重いよなぁ。
などと考えています。最適解は何だろう。

心の余裕は懐の余裕 平山郁夫「楽園」

携帯を忘れました。

というわけで、はてなの下書きに放置していたものから1つ。

丸ノ内線銀座駅改札近くにあるステンドグラスです。

平山郁夫 「楽園」

f:id:minnagi:20180214135105j:image

 

銀座のオアシスというちょっとしたイベントスペースに設置されているステンドグラスです。
地下街を歩いていてこのステンドグラスが目に飛び込んでくると、ぱっと華やかな気持ちになります。
鮮やかな赤色が磨かれた床や天井に反射して、とても美しいものです。

 

銀座の街にはこれ以外にもたくさんの芸術作品が展示されています。
このステンドグラスそばのギャラリースペースとか、
中央通りから昭和通り側に行く地下街の十二支像とか、
GGG向かいの重文クラスですよね?という古さのビルとか、
ちょっと足を延ばして日本橋の街灯とか。
各ブランドビルのショーウィンドウなども趣向を凝らしていて興味深いですが、公共施設も優雅にデザインされているものが多いです。

金か!税金がいっぱい入ってくるのか!収益がすごいんだなこの野郎!!!!

My heart will go on 装飾は流転する 2/10

目黒の庭園美術館に行ってきた。「庭園」といいつつ、ここの庭はずーっとずーっと整備中だ。でもいいんだ。建物がすごく素晴らしいから。

 

www.teien-art-museum.ne.jp

f:id:minnagi:20180214135444j:image

今回は現代美術の展示です。1933年にアールデコの理想形として誕生した旧朝香宮邸はもちろんクラシカルな絵画芸術や近代絵画を展示するとまるでその部屋のためにあつらえたかのようにしっくりくるのだけれど、現代アートとの親和性もとても高くて素晴らしい。

---

ヴィム・デルォワ <ノーチラス(スケールモデル)>

f:id:minnagi:20180214135505j:image

有機的なゴシック建築。奥の方まできっちりと作り込まれていてすごいなぁと思う。
メインビジュアルになるのも理解できる迫力だけれど、すごく線が細いので軽やかな印象になっている。

---

ヴィム・デルォワ 無題(タイヤ)

f:id:minnagi:20180214135605j:image

タイヤを手彫りしたのだという。すごい大変そう。
あまりにも整って美しいからこのまま走ってもグリップしっかり効いていいんじゃない?て思うほど。工業製品のような正確さ。もちろん穴あいてるから無理だけど、こういうの売り出したら人気出そう。

---

髙田 安規子・政子 「豆本の山」

f:id:minnagi:20180214135550j:image

今回は書庫も解放されていて、こんな小さな本が展示されていた。
他にもドールハウスサイズの作品がいくつもあって、この古い邸宅に小人が住み着いているようで最高の世界観。 

---

髙田 安規子・政子 「葉」(テーブルクロス) Four Seasons lates(皿)

f:id:minnagi:20180214135635j:image

テーブルクロスの植物が季節の移ろいとともに散って現実の床へとこぼれおちる。
この人の作品はこういう虚構と現実の境目が揺らぐものが多くてメルヘン。

---

髙田 安規子・政子 「カットグラス」

f:id:minnagi:20180214135650j:image

ドールサイズのキリコグラス。何でできてるんだろう?って思ったら。

f:id:minnagi:20180214135704j:image

横から見たらわかる、プラスチックの吸盤でした。アイディアだね。

---

ニンケ・コスター「時のエレメント」

新古典主義/1800年代様式/アール・ヌーヴォー/アール・デコ

f:id:minnagi:20180214135719j:image

シリコンゴムでできた椅子。実際に触ったり、座ることもできる。
建築要素を閉じ込めて椅子にしているのも面白いなと思うし、単純に美しいし、それがシリコンゴムだということがめっちゃクール。
だってシリコンゴムって、型取り用の素材じゃん。ここに石膏とか流し込んで複製品を作り出すためのものじゃない。
各時代の芸術建築要素の複製品を大量生産するためのものじゃない。
芸術作品であり、そして大量の芸術作品を作り出すための道具なわけじゃない。
面白いねぇ。

 ---

コア・ポア 「聖なる山」

f:id:minnagi:20180214135818j:image

ペルシャ絨毯のような絵画。
伝統的な文様で作られているように見せかけて、中央で古代エジプト古代ローマが戦っていたり、山水画がの山の間にファラオがいたり、見るほどに面白い作品。
なんパターンもあって、好きな時代のものがあると最高だなと思う。

---

すごく面白かった。
そして何より、やっぱりこの建物が最高だなと思った。
だって全室照明デザインが違ったり、ラジエータカバーがしゃれてたり、扉のちょうつがいですらきちんとデザインされてたりするんだよ!
こういう家に住みたい。

所変われば Moving Plants 2/6

銀座エリアに行ったらここにも行くだろう。資生堂ギャラリー

開催中の展覧会 | SHISEIDO GALLERY | 資生堂グループ企業情報サイト

なんか評判良かったから気になってた。

ここは普段は撮影可能なことが多いのですが、今回は一部を除き撮影不可。でも入り口でもらえる冊子に小さく写真と解説が載ってるよ。

f:id:minnagi:20180213161229j:image

この解説の文章がかなり興味深く面白いのでちゃんと読むといい。

 

 今回の展示は渡邊 耕一さんの個展「Moving Plants」。世界各地に自生するイタドリという植物の写真がメインだ。

イタドリというのは日本原産の植物で、薬効もあり一応食用にもなり、強い生命力を持つ。200年前にシーボルトによって国外に持ち出され、その生命力、緑の美しさから園芸家に人気となり、世界各地に植えられた。

そしてその結果、今では土地の生態系を崩すほどに成長し、侵略的植物種、危険な外来種として指定されている。地域によっては、イタドリが発見された地域の土壌は持ち出し禁止になる程だという。もしもその土に少しでも根が残っていたら、移送先でもイタドリが群生してしまうからだ。

今流行りの、特定外来生物を駆除するテレビ番組のようだ。

  写真は全て 渡邊 耕一

f:id:minnagi:20180213161235j:image

 

私はあまり植物に詳しくなくて、この植物がその辺に生えているのかあまりよくわからない。近所では見かけない気がするが、気づいていないだけかもしれない。

 

馴染みのある植物が、他の国では劇物のような扱いを受けているのを見たら、どんな気持ちになるだろうか。かつて望んで持ち出され、もてはやされ、今は忌み嫌われている故郷の象徴を見たらどんな気持ちになるだろうか。

 

そういう植物はたくさんある。生態系とか在来種保護とかいう概念がなかった頃に移動して根付いてしまったもの。セイタカアワダチソウシロツメクサ、ハルジオン、ブタクサなどは外国からの帰化生物だ。特にブタクサはアレルギーの人も多いから、そう聞くと憎さが倍になる人も多いのではないだろうか。

けれどもそれらがこんな研究室で根絶やしにするための研究を行われると知ったらギョッとするのではないだろうか。

f:id:minnagi:20180213164020j:image

イタドリを駆除するための天敵昆虫がイギリスで研究されているのだという。

イギリスの生態系に悪影響を与えないと選定されたそうだが、そんなことがあり得るのだろうか。ある種が根付き、帰化し、その土地で繁殖していくのに全く周りに影響を与えないことがあり得るのだろうか。相互に影響を受けるのが当然なのではないだろうか。

そしてその昆虫が何かの拍子に逆輸入された時、イタドリがいるべき日本の生態系には何も影響を与えないのだろうか。

人や物流の動きがある以上、絶対はあり得ないのだから。

 

写真単体としてもとても美しいものだったけれど、それの問いかけるものというのがとても重いなと思った。

電車がないと生きていけない 2/6

火曜日は用事でお休みをしたのだけれど、あまり楽しいたぐいの用事ではないので、終了後むしゃくしゃして丸の内に行ってやった。

www.ejrcf.or.jp

”鉄道写真からピカソまで”というキャッチコピーが謎だけれど、要するに収蔵品展。
ここは現代美術を集めている美術館です。場所が駅舎だし、レンガの壁がむき出しな展示室があったりで、近代~現代の特にシュールな感じの現代アートに相性がいい作りなんですよね。
今回の展示は前半は鉄道や駅舎に関する作品、それが風景がになって最終的には抽象絵画にたどりつくというわかるようなわからないような並べ方。
なかなかいい作品が多いなぁと思いました。

---

本城直季 small planet tokyo station

f:id:minnagi:20180208182008j:image

6,7年前かなぁ、すごい話題になりましたよね、本城さん。チルトシフトという技法で意図的にピントの合う範囲を狭めることで作るミニチュアのような写真。彩度もパキパキにして面白いよね。

---

谷井俊英 四ツ谷にてf:id:minnagi:20180208182012j:image

日本画です。架線が金で描かれていて光の感じがとてもよい。ノスタルジックな感じ。
お茶の水四ツ谷あたりの中央線はやはり絵になります。何枚か題材にしたものがありました。

 

そういえば私の出身地である鵠沼を描いたものもありましたが、時代が古すぎてさすがに鵠沼のどこかまではわからなかったな。

---

丸山直文 汽車Ⅰ 汽車Ⅱf:id:minnagi:20180208182016j:image

下塗りされていないコットンのキャンバスにアクリル絵の具を滲ませながら描く「ステイニング」という手法だそうです。夢の中のような不思議な感じになっているけれど、実際前に立つととても鮮やかな色のせいかくっきりとした印象を受ける。
まるで写実画を見ているような気持ちになる絵なのです。

---

安部金剛 山査子と裸婦

f:id:minnagi:20180208182020j:image

サンザシはバラ科の植物でつる植物ではない。なのでこの絵にはぱっとわかる形でサンザシが描かれておらず、なぜこのタイトルなのか謎なのだそう。
裸婦の曲線と植物の曲線が共鳴していて素敵な作品。

---

夏目麻麦 Room1108

f:id:minnagi:20180208182023j:image

正直ちょっと怖い。ホラー映画の一場面のように思う。静かな部屋の中に派手な服の少女がうつむいている。近づくと彼女はパッと顔を上げるがそこには……って感じ。
不穏な感じするよねぇ。また展示室が内壁をはがしてガタガタになったレンガだから廃墟感があってさぁ。
すごい好き。

---

小川信治 バルコニーにて1 バルコニーにて2f:id:minnagi:20180208182030j:image

ロマン・チェシレヴィチを思い出す。すごく古い、もうだれかもわからない少女の写真を使用したコラージュ作品。同じものを使って再構成したように見せかけて、色々なところが違っている。
こういう作品をペアでもっていたらとても幸せだろうなぁ。

---

池田光弘 Untitled

f:id:minnagi:20180208182113j:image

無題だし、特に何の絵とも書いていないのだけれど風景画のような気がする。場所がステーションギャラリーだからか、水田の先を走る青い線路のようにも、その線路と平行に走る電車からの車窓のようにも。

作者の国籍によって絵画の雰囲気は何となく違うもので、それこそ韓国は渇いた感じだったり日本は厨二っぽい根暗さがあったりするんだけれど、日本の人が描いた作品での金色の使い方は特筆すべきものがあるなぁと思う。


f:id:minnagi:20180208182122j:image

ぽこぽこ盛り上がり、リボンやチロリアンテープを貼り付けたみたいな質感とリズミカルさがある。

---

ピカソは所蔵品だけれど撮影不可だった。「帽子の男」とかかわいくてすごくよかったのになぁ。

美術展命の男のブログ ピカソと20世紀美術 東京ステーションギャラリー

この方が紹介されているやつね。

 

この後めちゃくちゃ資生堂パーラーのくそ高いパフェ食った。

f:id:minnagi:20180209155256j:image

しんじゃう

20年ぶりくらいに科博に入ったら結構中が違って面白かったって話がしたいけど仕事が死にそうだから簡単でいい?

始祖鳥アップデート済み

f:id:minnagi:20180208132732j:image

ティラノサウルス、絶対手間違ってると思う。肩甲骨とか絶対おかしい。食ってた小型の獲物の手じゃないの??

f:id:minnagi:20180208132742j:image

ラッコ かわいい(語彙

f:id:minnagi:20180208132801j:image

各原人が、それぞれ別種なのか亜種なのか、進化の前後なのか平行進化なのかがすごく気になる。

頭蓋骨の容量だけなら他の原人の方が大きいこともあるのに、なぜホモ・サピエンスだけが残ったのかも。

けど、ホモ・サピエンスは眉毛あたりの頭蓋骨の丸さが特徴的なんですよね、こうやって並べると。前頭葉の進化が鍵なのだろうか。ちゃんとまとまった本が読みたい。

f:id:minnagi:20180208132822j:image

「ネアンデルダール」って本面白いからオススメ。科学本じゃなくてトンデモ風味SFだけど

ネアンデルタール

マレーグマの嫌いな人間はいない

f:id:minnagi:20180208132835j:image

3時間かかった アンデス文明展 2/2

京都人が興味を示したので、古代アンデス文明展に行ってきた。
上野の国立科学博物館

www.kahaku.go.jp

古代アンデス文明展

めっちゃ久しぶり。もしかしたら20年ぶりとかかもしれない。

f:id:minnagi:20180205151308j:image

結構広くてかなり混んでいた。
一部コーナーと動画を除き、ほとんどの作品が撮影可能。博物館ってゆるい。

f:id:minnagi:20180205151302j:image

特にじっくり見たなという感じはないんだけれど、普通に見て出て疲れたねとカフェに入ったら3時間くらいかかっていてびっくりした。
なんでこんな時間かかるかって、地図を見てわかるように行き止まりがすごく多いのと、マルチメディアガイドという映像つき音声ガイドが有料貸出されていて、それを使ってる人が全く動かないせいだった。
ただでさえガイドって時間食うのにさぁ、アンデスクイズとか出してるんだもん。展示見ないでそっちに夢中になるの、広い会場ならいいけどU字路のつきあたりで真剣に回答されてたら、そりゃ列も進まないよ。
もう少し会場のキャパを考えて欲しい。
「クイズに応えてドローン映像を見よう!」じゃねぇよ!映像は会場の外で見ろ!!!

 

展示内容については、ものすごく広い範囲のものすごい長い時間のものを一度にまとめていて、京都人の「『極東アジア展』と称して大和朝廷から百済のあたりまでまとめて見させられた感じ」というのが言いえて妙だと思う。
B.C13000年の先史時代から~A.C1572年のインカ帝国滅亡までまとめての展示だもん。
しかしそんな長期間にわたる複数王朝の複数文化であるというのに不思議と似通った表現のものが並んでいて、どれか一つを別の時代のものに紛れ込ませても気付かないだろうなと思った。
文字のない文化だから技術の蓄積が緩やかだったのだろうか。
陶器や金属加工品などの技術、頭蓋骨切開などの医療技術など、相当高い技術はもっていたはずなのに不思議だなぁと思う。
ヨーロッパとか、このくらいの時代の流れで相当変わっているものね。やっぱり産業革命は偉大だなぁとか考えていた。

ヨーロッパとアンデスでどうしてこんなに差が開いたのかというのは、あの有名な「銃・病原菌・鉄」を読めばだいたい雰囲気はつかめるよ。


でもこの本は専門家がものじゃないということを念頭に、ある程度眉唾で読むべきだ。
ついでに、下巻は上巻と同じことがひたすら繰り返されているので読まなくていい。

というわけで大量に撮った写真から気に入った作品を。
見た順じゃなくて、気に入った順です。

製作年が()付きなのは、どの文明化しか書いてなかったから勝手に調べたものです。

 ----

一番好きなのは真ん中のやつです。

左(手前)から、
ネズミ型象形鐙型土器 クピスニケ文化 前800年~500年
刺青またはフェイスペイントをした小像 クピスニケ文化 前1200~前800年
蛇・ネコ化動物土器 クピスニケ文化中期 

f:id:minnagi:20180205151330j:image

破裂防止のために開けられたという腹の穴がすごくヘソ感があっていい。オカリナになっているらしい。
全体の特徴として、この不思議な持ち手のある鐙(あぶみ)型、色の境目にも段差のないツルツル輝く質感が全文明を通してあげられる。
この鐙型、何でなんだろうね?皿洗いとかどうやってたんだろう。

 ----

裸の男性の背中にネコ科動物がおぶさった鐙型注口土器 モチェ文化 (後200~後800年頃)

神の従者であるオセロットが生贄にされる男性を抑え込んでいるように見える(断定はしていない)との説明つき。

f:id:minnagi:20180205151317j:image

全体的に、「そんなに一生懸命男性であることを強調しなくていいよ…」って思った。股間。
でっかい猫にニャァ!って来られるのかわいいなぁ。物騒な主題のものが多いんだけれど、表現は現代作家みたいにポップでキッチュ。本当に全体的にかわいい。

---

トウモロコシの穂軸の姿をした神を描いた土器 モチェ文明 (後200~後800年頃)

京都人いわく「これは日本で言うオニギリだね」顔の表現が鬼がわらっぽくて、現代陶芸感がすごい。
豊穣でも祈っていたのでしょうか。f:id:minnagi:20180205151321j:image

---

自身の首を切る人物の象形鐙型土器 クピスニケ文化 (前1200~前800年頃)

えええ、自分で切るのおおおお????
ああ、でもよく見るとナイフ持ってる。なんか無駄に管(血管とか食道?)が表現されていて、人体のポップさと裏腹なナンジャコリャ感がすごい。

f:id:minnagi:20180205151325j:image

---

左から

鉢型の金の器 シカン文化(後800~後1375年頃)
細かい細工が施された金の装飾品 後期シカン文化
打ち出し技法で装飾を施した金のコップ(アキリャ)5点セット 中期シカン文化

 

f:id:minnagi:20180205151334j:image

めっちゃほしい。このコップ、めっちゃほしい。
コップといいつつよく見ると小さい穴がそこにあいている。コップじゃなかったのか、あとから空いたのか、穴があるのが正解なのか。

しかし、金100%だとちょっと風情が無いですよね。ペカペカしすぎて本物と思えないというか、繊細さに欠けるというか。
デザインって大事だなぁと。

---

頭を覆う布 チャンカイ文化(11~15世紀)

ワタの布。わざわざ『レースのように』と解説されているのだが、レースではないのだろうか。

f:id:minnagi:20180205151344j:image

---

装飾付きの壺 中期シカン文化(後800~後1375年頃)

「シカン神の両脇にはウミギクガイの一種が左右対称に象られている」とのことなので、決っしてパァではないとのことですw

f:id:minnagi:20180205151337j:image

 

面白かったけどとにかく混んでいるのに疲れた。導線大事。
あと、物販のアンデスチョコがおいしかったよ。さすが本場のチョコだ。