人の金で美術館に行きたい+読

美術館に行った話とか猫の話とかします。美術館に呼んでほしい。あと濫読の記録。




にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
Push
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
Push

Push

Push

【ネタバレ感想】タコの心身問題

書籍データ

  • タイトル:タコの心身問題
  • 作者:ピーター・ゴドフリー=スミス
  • 訳者: 夏目大
  • お勧め度:★★★★★★


今日の猫はブレブレ

f:id:minnagi:20191007122723j:image

科学哲学者である作者が蛸のコロニーを観察することで人間と頭足類という全く異なる進化の段階をたどった二つの生物がともに持つ「心」について考察する。

 

すごくおもしろかった。
単細胞生物から現在の多細胞生物までの進化の歴史をおさらいし、脳とは何か、神経による体の制御はどういうものか、コミュニケーションとは何かといったトピックを語っていく。
頭足類は体が柔らかくてほどんど化石が残っていなかったり、何より主題が「精神」という形のないものなので、なにか確固たるエビデンスのある話はない。おそらくはこうであろうという考察が続くし、哲学本や生物学というより、どちらかというとタコに関する豆知識本といった扱いだろう。
でも面白いよ。

特に面白かったトピックは、老化に関するものだ。
老化というのは個体数調整のために長く生きすぎたものを排除するためのシステムだと一般的には考えられているが、そもそも本当にそうだろうか?というところから話は始まる。めっちゃ長生きしてめっちゃ子供を産む生物のほうが生存戦略的に有利じゃん、と。
そこでこの本では老化を「若いうちには発現しにくい、生命維持が困難になる突然変異の集合減少」とみている。
突然変異は、いいことだけではない。魚が陸に上がれるようになるといったプラスの方向に働く突然変異と同様に、特定の病気にかかりやすくなるといったマイナスの方向の突然変異も存在するのだ。
例えばそのマイナスの変異が「息ができない」などといった生まれてすぐ発現するものならば、発現してすぐにその個体は死亡してしまうので、遺伝しにくい。
しかし、「50年生きると目が見えなくなる」といった遅効性のマイナス変異ならば、その致命的な変異が発動する前に繁殖活動をしてしまうので、子孫に遺伝して広がっていくというのだ。
つまり老化というのは遅効性の有り難くない突然変異の積み重ねだという考え方だ。
もちろん、理論上正しそうに見えても検証できるものではない。
だが実に面白い。

そういう「ちょっと面白い話」をひたすら読める、いい本だった。

【ネタバレ感想】美味礼讃

書籍データ

タイトル:美味礼讃
作者:ブリア=サヴァラン
訳者: 玉村 豊男
お勧め度:★★★

今日の猫
f:id:minnagi:20191005171519j:image

稀代の美食家、ブリア=サヴァラン氏による美食の歴史およびその生理学。

 

面白かったけど、訳者がちょっとなあって。原作とはだいぶ変えて訳したらしい。話の順番を変えたり、かなり省略したりしたと序盤に明記してある。
一章訳するごとに役者の開設というかエッセイが入るのが良し悪しである。
時代背景や歴史的なことを解説してくれるのはありがたいのだけれど、とにかく主張が激しすぎる。冒頭のエッセイでは「男女が二人で食事に行くのはSEXを約束しているのと同じ。女はそれを軽くあしらってタダ飯食って逃げてこそいい女」みたいな主張をめっちゃされてるので、バブルかよって思う。

元のタイトルは味覚の生理学ということなのだけれど、生理学的に正しいところは何もない。19世紀の本だしね。
大食いエピソードとか当時信じられてた?理論とかいろいろ書いてあって豆知識的に面白かったけど、特に身にはならない本。 

【ネタバレ感想】戦場のコックたち

書籍データ

  • タイトル:戦場のコックたち
  • 作者:深緑 野分
  • お勧め度:★★★★★


今日の猫
f:id:minnagi:20190927174506j:image

アメリカの片田舎で、雑貨屋兼惣菜屋を営む家に生まれたティム青年。第二次世界大戦に従軍した彼はコック兵のエディに誘われ、自分もコック兵として隊員の食事を調理する部隊に所属することになる。

従軍するうち、時折不可解な事件に遭遇する。知的なエドがその謎を解き明かすことに感心するティム。2人は親友と言って良い間柄になっていくが…

面白かった。日本の本だと思って読み始めたら連合国側だったので、ちょっとびっくりした。まぁ日本人が全員日本兵の話を書かなければいけないわけでも無いしね。

主人公が従軍コックということもあり、戦争描写は少ないわけでは無いがメインでも無い。謎解きパートの方が印象に残る。

謎解き、と言っても基本的にはささやかなものだ。戦局に影響するような話や、ドイツ兵との情報戦などもありはしない。じゃあグロ苦手な人にも勧められるかっていうと…微妙かなぁ。量は少ないけどなぁ。

物語として面白かったし、野営地での調理の様子なども興味深く読んだ。

 

豪華名作シリーズ コートールド展 9/22

割と開始直後にコートールド美術館展に行ったのだけど、仕事が繁忙期で書く暇が取れずにこんなにたってしまった。

www.tobikan.jp

フランス系イギリス人、サミュエル・コートールドのコレクションからなる美術館が現在改装中ということで、日本に来ています。

コートールド・ギャラリー - Wikipedia

来ている作品数はやや少なめ。けれどすごい巨匠のめちゃくちゃ美しい作品がほとんどなので、ゴージャス感はものすごい。久々に図録を買ってしまったよ。
コートールドの往年の自宅として、それら作品が飾られた室内写真が実物大に引き伸ばされて壁紙になっているところもありました。そのおうちのゴージャスなこと!
いいなぁお金持ち。おらもこういう家に住みてぇだ!

---

エドゥアール・マネ「フォリー=ベルジェールのバー」

f:id:minnagi:20191002110527j:image

きょ、教科書で見たやつだ!!!!
実物、結構でかいです。そして細かい。
豪華な客席、華やかな人々。鏡の中の現実世界ではにこやかに接客をする女性の心の中は、ぼんやりとどこかへ彷徨いださている。

鏡の中に描かれた、客に愛想を振りまく姿が現実で、その前に立つ女性は心象風景です。(時間軸の違いかも知んないけど同じことだ)要は、この正面に見えるぼんやりとした無表情こそが、彼女の真実の姿だと言うこと。ほとんど自動操縦のように仕事をこなす彼女の心の中は自由なのだと言うこと。それが物憂げな姿で世界との断絶を表現しているから、私のような社畜は心を奪われるのでしょう。
心は自由でも、いろいろままならないよね…

また、今回の展示ではこの作品の舞台である「フォリー=ベルジェール」についても解説してあって理解が深まりました。
いやね、バーにしちゃ客席広いなぁとは思ってたんですよ。昔から。
ここは、歌手やサーカスが出し物をするような舞台付きのレストランだそうです。その一角に、バーコーナーがあったんですね。なるほどなるほど。

なんと、現在も営業しているそうですが、内装など全く雰囲気残ってなさそうです。

フォリー・ベルジェール - Wikipedia

f:id:minnagi:20191002121114j:image
習作ではモデルの雰囲気が全然違います。本番のほうがずっといいね。

---

エドガー・ドガ「舞台上の二人の踊り子」

f:id:minnagi:20191001233618j:image

ドガ!好き!!
緊張感のある構図、深みのある色、スポットライトの不思議な光。思わせぶりなストーリー、全部好き。

左下の空白は日本画の影響とか言ってもいいけれど、舞台のそこに新しい物語が始まるのだという何かを予感させる効果があると思う。
ピンクの衣装の子が移動するのかもしれないし、新しい誰かが現れるのかもしれない。そういう期待感がある。

これ、街中に貼ってあるポスターにも使われているのですが、これが夜の光に照らされてるのを見ると本当に幻想的で美しい。
暗い中で、明かりをもって、私的に楽しむ絵画ではないかと思います。昼の光は似合わない。

---

エドガー・ドガ「傘をさす女性」

f:id:minnagi:20191002110541j:image

珍しく、製作途中で放棄された作品コーナーというのがあった。
コードールド美術館というのがもともと教育目的で作られたというのが大きいだろう。絵画研究において、巨匠の制作過程ってのは相当研究価値があるだろうからね。

下絵の段階で放棄された絵画。彼の作品で、一人の人をこんな風に画面いっぱいに描くというのは珍しいのではないだろうか。
ほとんど黒一色で描かれたシルエットはほぼ完成しているようだけれど、背景が決まらなかったのかもしれない。

---

ポール・セザンヌ「鉢植えの花と果物」

f:id:minnagi:20191001233607j:image

 セザンヌの割に丸っこい絵。
丁寧に描きこまれた洋ナシから遠ざかるほどに、だんだんと現実感を失っていく世界。テーブルの端の線ですらガタガタと崩れ落ち、葉っぱの形も失われ千絵く。
まずぎゅっと左下に意識を持っていかれて、そうしてゆっくり消えていく緊張と緩和。

ところで、京都人曰く「セザンヌの見方が分からない」とのことです。
いや、好きに見なさいよ。巨匠でも好みでなければそれでいいじゃん、としか言えないけどしいて言うならば。
こういうのが典型的なセザンヌですよね。

ポール・セザンヌアヌシー湖」

f:id:minnagi:20191001233603j:image

セザンヌといえば、一般的に言えばまず構図について言及されます。
見たままに描くだけではなく、絵画として美しく見えるようにあえて崩した形。人物画の腕が長すぎたり方が広すぎたりと、一見デッサンが狂って失敗した絵のようですが、絵画としての完成度を上げるためにあえて現実を捻じ曲げてでも調和の取れた構図にしているのだといいます。
(本当に?デッサン狂わないほうが美しい構図にならない?わざとやってるって証拠あるの?というのは気にならなくもないけど、まぁ定説であって私の主張じゃないから置いておく。)

個人的な見どころは、色じゃないかなと思います。特に青色。
水彩画のような、塗り方も相まってアルコールマーカーで描いたような、はっとするほどみずみずしい色づかい。それが魅力だと思います。
そして、直線を多用したリズム感がまた良いと思います。

---

エドゥアール・マネ「アルジャントゥイユのセーヌ河岸」

f:id:minnagi:20191001233601j:image
実に美しい絵です。
率直に言うと、展示会場ではそこら中に美しい絵があるものだから、これがほかの絵に比べて特段目を引くというわけではなかったのだけれど、図録で見てみるとびっくりするほど美しく目を引くので驚きました。
絵画、特に印象派の作品というのはライティングによって作品の印象が驚くほど違うよねぇ。

さざめく水面と、きりっとした小舟。特に手前の船にシャープにピントが合って、あとは風に流れていく感じ。良いよね。

---

アンリ・ルソー「税関」

f:id:minnagi:20191001233610j:image

コートールドコレクション内にルソーはこれ一枚だけだそうです。なんかわかるw作品としては面白いし丁寧に仕上げられてはいるんだけど、コートールドさん、基本的に美しいものしか集めたくないんでしょうw

とてもきれいで、意外とまとまりが良い作品ですが、どことなく不思議で不安定な気持ちになる絵。
画面の右から左に来ている道路は、どこに行っているのでしょうか?普通だったら金網に沿って、画面こちらに向かってくる道路につながってきそうなものですが、陰になっている部分に突き当たってふつりと消えています。
税関内の丘?も角度がおかしいし、どこがどうと指摘できないおかしさがあります。

でもそれがなんか癖になるんだよね。
ルソーを展示で見つけると、楽しくなるしなんか得した気持ちになってくる。

---

すごくいい展示です。早めに行ったからかすいていたけど、あとから混みそうだな~という感じ。
楽しかった。

シェリー2連発 コレクション

ヤフオク購入品シリーズだよ。

ワイルマン・シェリー 金彩伊万里様式華装飾紋 サーヴィング・プレート

f:id:minnagi:20190913143336j:image

名前は大げさだけど、要するにイギリス製日本風大皿。刺身とか盛るとめちゃくちゃそれっぽく見える。

f:id:minnagi:20190913143339j:image

バックスタンプからすると1894-1910年のいずれか。
番号はすごく読み取りづらい…RDA5、の次の小文字筆記体Lみたいな文字は何なんだ??
というわけでこちらのサイトを見てみる。

www.shelleychinaclub.com

Rd452342ですね。字の癖強いな!7798番のシリーズのようです。とすると、1905年以降の作品のはずですが、購入時のサイトには1899年製とありました。どっちがただしいんだろうか。
迷ったら後ろの数字を取るのが正しいと思うので、1905~1910年製としておきます。

 

シェリー バラとビーズ 金彩薔薇連鎖状紋

f:id:minnagi:20190909172927j:image

ゲインズボロシェイプ!前買ったののデザイン違い!!

minnagi.hatenablog.com


f:id:minnagi:20190909172524j:image

バックスタンプは1912~1925年のものですが、デザイン的に1915年以降のものとのこと。デザインは繊細な感じで好きなんですけど…

f:id:minnagi:20190909172932j:image

結構汚れがあるんですよねぇ…
アンティークゆえの経年劣化ではなくて、印刷時に塗料が擦れてできたものっぽい。要するにB級品ですよね。
B級ならB級でもいいんだけどさ…通信販売なんだからわかるように写真載せてくれないと、届いたときがっかりしちゃうよね……

 

というわけで、ヤフオクに対する熱意がだいぶ冷めましたw
アンティークのトリオってほぼほぼこの業者さんが専売くらいなノリで出品していて、この人から買うのちょっとなぁと思ったら買うものがないくらいになるw
まぁ欲望にはきりがないので、いいきっかけになったと思っておきます。
(といいつつ、デミタスカップとかは見てしまう私。)

【ネタバレ感想】20世紀イギリス短編選

書籍データ

  • タイトル:20世紀イギリス短編選 上下
  • 作者:キップリング・他
  • 訳者:小野寺 健
  • お勧め度:★★★★

今日の猫

f:id:minnagi:20190919153454j:image


これどうしたもんかって考えたんですけど……簡単に記録だけにしておきます。

読んでる間、めちゃくちゃ暗い気持ちになりました。
本当に鬱々とした気持ちになる。
よくもまぁこんなに底意地の悪い性格の悪い登場人物しか出てこない話をひたすら集めたものだなぁというのが正直な感想。
また、リストを見ての通りの豪華執筆陣なので、話がとてもうまい。見事ない心理描写で的確にこちらの魂をえぐりに来る。

これ、こういう編集にするため書かれた話じゃないでしょう…
いろんなタイプの話がある中に紛れていて、これで暗くなった気持ちを他のハッピーエンド短編で慰める構成にしていた、その「全体をピリリと引き締めるスパイス」的な話でしょう…
激辛カレーになってるがな。

ちょっと内容思い出して粗筋書くのつらいなぁ!

印象に残ったものの一行感想

  • 故郷への手紙:手紙燃やしたの、父親では?って示唆がすごいつらい
  • ルイーズ:こんな…こんな性格の悪い人いる…??
  • 上の部屋の男:サガンにこんなのありましたね。「時おりヴァイオリンが……」だっけ。つらい。
  • 届かない花束:つらい。ほんの数分の状況をこんなつらく書けるとは。
  • 蠅取紙:ガチ目に怖い
  • 別れられる日:最後の最後にまた救いようのない話だなおい

いや、おもしろいですよ?面白いけど本当に酷い。編集者のセンスがひどい。正確が悪い。

休み休み読むべき。

超絶細密 みなぎコレクション

毎年恒例、日本橋三越英国店で購入。

ロイヤルウースター デミタスカップ&ソーサー 蔓草花紋

f:id:minnagi:20190909172127j:image

写真が暗い

f:id:minnagi:20190909172105j:image

プリントに手彩色、だと思うのですが、地模様にも結構筆が入ってる感じがある。
太い唐草模様は上からなぞった跡があるし、下のフリンジ模様も線の太さにばらつきがあって筆で描いたんだなぁという感じ。

f:id:minnagi:20190909172101j:image

でも20世紀に入って完全手描きってこともないと思うんだけど…わかんない。
ヒビもなく、たくさん打たれたジュールもほとんど欠けていない(右下1個欠けてますね)良い状態です。


f:id:minnagi:20190909172051j:image

薄いですが三連の円と点が6つ、1938年製のバックスタンプです。

LADY EVELYNというのは銀食器メーカーで、そことのコラボ商品だと店員さんは言っていました。しかしレディ・イヴリンって名前が普通過ぎて検索引っ掛かりません…まだあるメーカーなのかも不明。

こちら、誕生日プレゼントとして京都人にもらいました。明記するように言われたので明記します。
君も、特に理由なく僕に誕生日プレゼントを贈ってみないか?

Amazon.co.jp