人の金で美術館に行きたい+読

美術館に行った話とか猫の話とかします。美術館に呼んでほしい。あと濫読の記録。




にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
Push
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
Push

Push

Push

見にくさがひどい 池田良二の仕事 8/10

ジュリアン・オピーのついでに所蔵品展。これは撮影不可だった。

www.operacity.jp

正直すごく見づらかった…背景とあまり差のない淡い色のインクで細かい文字や写真が刷られているリトグラフなのだけれど、あまりにも繊細なその絵が、額のガラスに反射した光でぜんっぜん!見えないの。つらい。
もう少し視認性を考えてほしい。展示作業中にわかるだろうよ。

---

「Window under the midnight sun 白夜の窓」

f:id:minnagi:20190810141441j:image

左右対称の、写真と詩を組み合わせたロールシャッハ検査のような作品群の一つ。
最初に書いた理由により詩は読めないよ!

どれも廃墟のような写真で、厨二心をくすぐる。

---

グレン・グールド

f:id:minnagi:20190810141449j:image

雑誌の表示用に描かれた著名人の肖像画シリーズ。画家や音楽家が多く、その人の業績をイメージした作品が良かった。
パンフに載っていたこの人の音楽は知らないのだけれど、もし知っていたらより楽しめるのだろうなぁと思う。

 

---

「Reduction 還元」

f:id:minnagi:20190810172644j:image

詩と、古代遺跡のような写真との組み合わせシリーズ。
かっこいいし、この質感と色使いとが相まって時代を感じる。錆が浮いたかのようなこの斑点が、遺跡ごとふうかしそうだ。

---

と、ざっくりした感想からお判りでしょうが、正直ようわからんかった。
見えないんだもん。本当に。
企画展のおまけとして軽く見る分にはまだ我慢できるけど、こっちが目当てで来ていたらブチ切れてると思う。
どうにかしてくれ。