人の金で美術館に行きたい

美術館に行った話とか猫の話とかします。美術館に呼んでほしい。

にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
Push
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
Push

常設展大好き 横浜美術館 4/8

ヌード展を見た後さらりと見た常設展。

横浜美術館コレクション展 2018年3月24日(土)-6月24日(日)「コレクションをつくる。未来へつなぐ―近年の収蔵品より」「人を描く―日本の絵画を中心に」 | 開催中の展覧会・予告 | 展覧会 | 横浜美術館

 

ここはコレクションが豊富でいつも違うのがあるし、どれもとっても好みの作品なので見ていて楽しい。撮影可能だし。好き。

 

長谷川 潔 「宝石と香水」

f:id:minnagi:20180412140933j:image

みるたびに「あ~なんか、あれに似てる。あの人。ほら、フランスの。え~っと、誰だっけ」となるので今回めっちゃ調べた。マティスだった。ちょっと似ている。

この人かなり好き。

-----

長谷川 潔 「狐と葡萄(ラ・フォンテーヌ寓話)」

f:id:minnagi:20180412140955j:image

ちょっとググってみたら、最初のよりこっちの画風の方が有名なんだね。こういう繊細なのも可愛い。

f:id:minnagi:20180412141013j:image

モデルにしたというおもちゃも展示してあって興味深い。

---

吉田 千鶴子「夜半の雪」

f:id:minnagi:20180412144431j:image

手ぬぐいの柄みたいな作品。
これ、海だよねぇ。スノーマリンが静かに降り積もる深海の図。
とってもきれいだし、ずっと見ていていられる。見ていたら他の世界に行ってしまいそうな気持になる。

---

中村 ケンゴ 「コンポジション トウキョウ」

f:id:minnagi:20180412180901j:image

これ、すっごく面白い。

コンポジション、といったら普通まず思い出すのがモンドリアンじゃないですか。
それを下敷きにしたうえで表現されるのは、小さなアパートの間取り図。

f:id:minnagi:20180412180551j:image

画像補正で正面向けたから欠けと歪み酷いけど。
とてもかわいらしいし、こうやってたくさん壁に並べるのがとっても素敵。

---

写真展示室ではヒロシマの原爆についての写真が企画展示されていた。
戦後少し経ってからと、最近と、同じ人のインタビューとポートレートを並べて、時間経過を問いかけるもの。

 

その中に、撮影拒否というものがあった。

戦後のインタビューでは「家族や友人にも話していないのに、何で私が被爆者だとわかったんだ。二度と来ないでくれ」という強い取材拒否の言葉が。
現代のインタビューでも同様に取材拒否した際の言葉が書かれていた。
つらいよね。そんなん、写真とか取れないよね。
そこまで拒否されて、必死に隠している本人の苦悩を無視して、何でその拒絶の言葉を自分の「作品」として掲示できるんだろう。
どの面下げて、そんな苦しみを味あわせた人にもう一度時間をおいてインタビューしようだなんて思えるんだろう。

撮影協力したいという人は、撮ればいい。語り継ぎたいという人の言葉は、語り継げばいい。
けれど、拒絶の言葉すらこうやって消費してしまうのなら、どうすれば本当に拒否することができるのだろうか。

ゲイジュツの名の下なら何をやってもいいわけないよなと思った。
つらいよ。