人の金で美術館に行きたい

美術館に行った話とか猫の話とかします。美術館に呼んでほしい。

にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
Push
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
Push

ミケランジェロにかこつけて レオナルド×ミケランジェロ展

三菱一号館のレオナルド×ミケランジェロ展に行ってきた。
行ってきたけど…ビミョーというか正直がっかりであった。

 レオナルド×ミケランジェロ展|三菱一号館美術館(東京・丸の内)

数が少なかった。の割に1700円とちょっと高かった。最初からわかってたけど、素描展なので地味だった。
ここまではいい。
けど、ファクシミリ版という高精度コピーが多かった。1割くらい?
研究のために使用される超高精度コピー、わかりますよ。それ自体も貴重なものなんでしょうね、わかりますよ。
でも、印刷でしょう?レオナルドもミケランジェロも、たくさん解説本も画集も出てるでしょう。今回展示されている絵画も、ほとんど既存本に掲載されているよ。
それをあえて足を運んでるのは、実物見たいからじゃん。
なのに複製印刷見せられたらテンション下がるよね。


何枚かある絵画も「○○に基づく」てやつ。要するに、模写。

「レダと白鳥」に見る2人の対比|三菱一号館美術館(東京・丸の内)

本展の見どころ!!!とか特設サイトに載せている絵ですら、ミケランジェロダ・ヴィンチも両方模写ってどういうことよ。
ダ・ヴィンチの模写とか、ぱっと見でわかるの。色が濃すぎるから。
美しい淡いスフマートじゃなくて、がっつりしっかり色を乗せて描いちゃってるから。模写ってどうしても輪郭を取りながら描くからそうなるんだよね。
そんで横に「ダ・ヴィンチの絵はこんなだよー」って小さい写真貼られてもさぁ。さぁ。
あるならそっち持ってきてよ。テンション下がるよね。
テンション下がり過ぎて、実際見たの7/2なのに今頃記事書いている。

 

全体的になんかトラブルでもあったのかな?て思った。
ミケランジェロの彫像が展示開始日に間に合わなくてまだ来てないし。
入り口にもなんか展示内容が変わったって掲示あるし。
両面に描かれた紙のどちらを見せてどちらを写真展示にするかも直前に変更しましたって案内あったし。
色々間に合わなかったの?て思った。
それは邪推だとしても、色々と残念だなぁって思ったよ。

 

気を取り直して。

レオナルド・ダ・ヴィンチミケランジェロ・ブオナローティは同時代の人として対比される傾向が強い。

レオナルド・ダ・ヴィンチ - Wikipedia

ミケランジェロ・ブオナローティ - Wikipedia

実際2人とも相手のことを意識していたという記録が残っている。
彼らの発言もいくつか記録に残っていてそれが掲示されていたんだけど……メモを書いたパンフと絵葉書を無くしてしまった……なぜだ…愛が足りないからか…こんな文句を書いているからなくすのか…
悲しみ。
とりあえずで撮った一枚しかない。
レオナルド・ダ・ヴィンチ「少女の頭部/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作」

f:id:minnagi:20170711141258j:image

 

と言うわけでうろ覚えで書くしかあるまい。

 

共に万能人ではあるものの、ダ・ヴィンチは主に絵画、ミケランジェロは彫刻を得意分野としていた。そして当時絵画と彫刻のどちらがよりすぐれた芸術かという議論が沸き起こったという。
ダ・ヴィンチは「平面の中に立体にしか見えないものを作る絵画の方が高等だ」と主張。
そんでミケランジェロは、以前聞いた話では「馬の彫刻すら作れない人が何を言う」みたいにダ・ヴィンチをこき下ろしたということだったが、今パッとソースが出てこない。
今回の展示では年下らしくダ・ヴィンチを立てつつ受け流し「どちらも芸術から生まれた姉妹であり優劣などない」という要旨の言葉を残したという。大人である。

 

ダヴィンチはミケランジェロを指して「老若男女全て同じ体型をしている」と批判したという。
確かにその通り。
一番有名な例でいうと、ダビデ像だろう。

 

ダビデ - Wikipedia

ダビデ旧約聖書の登場人物、羊飼いの少年だ。神の命を受けて新しい王を探しに使者が来た時、息子達を呼ぶように言われたダビデの親は、最初彼の兄達だけを呼び寄せた。なぜなら、ダビデはあまりにも幼くてそのような大役を果たさないと考えたからだ。
神の召命を受けた少年ダビデは国に尽くし、戦に赴いて身長3メートルほどもある敵の将軍を小さな石投げ器で倒してしまう。これを含め、一般的なダヴィデ像はこのシーンを表している。片手に小さなスリング状の石投げ器を持っている。
この話のポイントは、小国イスラエルが神の恩寵を受けて大国を打ち倒したというところだ。
少年ダビデは、イスラエルの小ささの象徴である。なので、幼く細く、可憐な少年でなければならない。

一般的なダビデというとこんな感じだ。

カラヴァッジオダビデゴリアテ

f:id:minnagi:20130611023829j:plain

グエルチーノ「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

f:id:minnagi:20170711144925j:plain


のに、なんだこのムキムキ青年は。

 f:id:minnagi:20170711144436j:plain
フリー素材、レプリカ像

 

話は実に単純で、ミケランジェロはムキムキ青年が好きだったのだ。ただひたすら単純に好きだったのだ。なら好きなら仕方ないね。
同性愛者だったという説もあるけれど、女性と愛情のこもった文通をしていたという説もあり、昔すぎてわからないね。どっちでもいいと思うし。
性的にどうかは置いといても、芸術的に筋肉スキーだったことは間違いない。
システィーナ礼拝堂とかもマッスル大集合だもの。

 

うん、ダヴィデの話がしたかったの。

 

ミケランジェロダ・ヴィンチのどっちが好きかというと、タイプが違いすぎてなんともいえない。
絵はダ・ヴィンチの方が好きだな。でもこの人絵を描くより哲学とか発明メモとかの方が多いからな。
彫刻は、ピエタとか素晴らしすぎるからミケランジェロの圧勝だよね。
うーん、甲乙つけがたい。
どっちにしても、オリジナルが見たい。